日本のことを学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。コンテンツはトップページに記載(各ページ下にもトップページへのリンクがあります)。

大岡越前に縛られた?しばられ地蔵がいる「南蔵院」(東京都葛飾区)

水元公園に行く途中、大岡越前(大岡忠助)が縛ったという「しばられ地蔵」で有名な南蔵院を訪れました。写真でも分かるように本当に縛られまくっています!境内には子連れ?の出世牛もいました。またがると出世するそうです。

 

1.きっかけ・情報源

 

水元公園」(葛飾区)に紅葉を見に行く途中で立ち寄れるお寺を探しました。

 

↓「お寺」を探すときに使っている本

insearchofjapan.hatenablog.com

 

ありました!水元公園のすぐ近く。「南蔵院(なんぞういん)」です。

shibararejizo.or.jp

JR常磐線(地下鉄千代田線直通)「金町」駅から徒歩約15分。

 

 f:id:magoiku:20201213150632j:plain

↑「南蔵院」↓またがると出世するという「出世牛」(写真)もいました。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

2.学んだこと

 

南蔵院

天台宗のお寺。天台宗Tendai sect Buddhismは最澄が開祖です。総本山の比叡山延暦寺世界遺産

 

大岡越前大岡越前守忠助・大岡忠助)との関係

境内で寝ていた呉服問屋の使用人が織物を盗まれたところ、「見逃すとは何事!?」と大岡忠助が地蔵にお縄。しばられた地蔵を見に集まった野次馬rubbernecker(ゴムのように首を長くして見るイメージ!?)を調べたのがきっかけで多くの盗人が捕まり、地蔵のお陰となった!と。これが「しばられ地蔵」の由来のようです。→盗難除けとか厄除けとかのご利益があるそうです。

↓「南蔵院」の公式HPに絵本があります!

shibararejizo.or.jp

 

徳川吉宗との関係

大岡忠助は、享保の改革を行った第8代将軍徳川吉宗が登用した奉行(南町奉行)。

徳川吉宗公のお墓のある「寛永寺

insearchofjapan.hatenablog.com

 

3.コメント

 

縛られすぎていてなんだか分かりません(笑)。隣に縛るためのお縄がかかっています。大晦日には縄を解いたお地蔵さんを見ることができるそうです!

f:id:magoiku:20201213150729j:plain

↑ 「しばられ地蔵」の写真。真ん中で顔の一部だけ残して上から下まで縛られまくっているのがお地蔵さん。

 

4.その他

 

2019年(令和元年)の全国通訳案内士筆記試験「日本歴史(問題番号12)」で、大岡忠助と徳川吉宗の言及をして、「享保の改革」を問う問題が出ていました。

www.jnto.go.jp

  

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

当ブログで取り上げた日本史へ

寺:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ