日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。各テーマはトップページに記載(各記事の下にもトップページへのリンクがあります)。

日本三名瀑の一つ【華厳の滝】とは?明智光秀と天海大僧正との関係!?

華厳の滝」へと向かう「いろは坂」の途中にある「明智平」。今日はこの3つについて学びます。明智光秀天海大僧正の話も一緒に。

 

1.きっかけと情報源

 

麒麟が来る」。最終回が本能寺の変と知って、これは光秀を死なせない展開か?と期待していたらその通りに。にわかマニアになって、天海大僧正とかかわりのある場所に行っていないか調べてみたら、ありました!「華厳の滝」に行く途中の「明智平」!

 

↓「華厳の滝」(栃木県日光市)。華厳滝エレベーターで下から見上げることが出来ます。高さ97m。

f:id:magoiku:20210209211645j:plain

日光東照宮から中禅寺湖。そして「華厳の滝」の位置。中禅寺湖へと向かうくねくねした道路が「いろは坂(第二いろは坂)」。日光東照宮の最寄駅は「東武日光」駅。東武線の「浅草」駅から特急で2時間弱。

 

2.学んだこと

 

①華厳(けごん)の滝とは?

 

日本三大瀑布※(ばくふ)の一つ。他の2つは、「袋田の滝」(茨城県)と「那智の滝」(和歌山県)。※日本三名瀑(さんめいばく)Japan's three most famous waterfallsとも。瀑布は滝のことです。 

 

いろは坂とは?

 

上り専用の「第二いろは坂」と下り専用の「第一いろは坂」。合わせて48のカーブがあることから「いろは坂」と名付けられたそう。紅葉の名所です!渋滞の名所とも!?

 

↓栃木県観光物産協会のHP。

www.tochigiji.or.jp

 

明智平とは?

 

上り専用の第二いろは坂の途中、明智平と呼ばれる場所に展望台があります。ここは「華厳の滝」「中禅寺湖」「男体山」を一緒に見れる絶景スポット!!(でも立ち寄れませんでした・・・次回行ったらこちらに写真をアップします。)。

 

で、「明智平」。こちらは、明智光秀ではないかと言う説のある徳川三代に仕えた「天海大僧正(てんかいだいそうじょう)」が名付けたそうです。明智の名を残したかったと・・・。僧正というのは偉い僧侶のことみたいです。

 

↓「明智平ロープウェイ展望台」の位置。第二いろは坂途中。

 

明智平ロープウェイの案内。フォトギャラリーあります。

www.nikko-kotsu.co.jp

 

 ↓明智光秀天海大僧正

tabiiro.jp

 

はてなブログでこちらの記事も興味深く読ませていただきました。

mojinosuke.hatenablog.com

 

3.コメント

 

麒麟がくる」良かったです。最終話もラストも。まだ余韻に浸っています。すっかり、にわか光秀・天海マニアになっています。信長の演技も最高でした。

 

4.その他(通訳ガイド試験問題)

 

2019年(令和元年)の全国通訳案内士筆記試験「日本地理(問題番号10)」で、写真や所在から三名瀑の一つを答える問題の選択肢に「華厳の滝」が登場していました。

 

2016年(平成28年)の全国通訳案内士筆記試験「日本地理(問題番号14)」で、「いろは坂」についての理解が必要な問題が出ていました。⇒問題12~15まで全てが、今回の記事の中に出てくる名称を問う問題でした。

 

www.jnto.go.jp

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

 観光名所:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ