日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。各テーマはトップページに記載(各記事の下にもトップページへのリンクがあります)。

都内有数の梅の名所でもある【皇居東御苑】(東京都千代田区)

つつじや藤など様々な花が楽しめるようです。千鳥ヶ淵の桜とともに、花の名所ですね。今回は皇居東御苑について学んでいきます。

 

1.きっかけ・情報源

 

今日2月23日は天皇誕生日。2月は梅の時期でもあります。ということで、梅の名所として有名な「皇居東御苑」を取り上げました(あいにく現在は臨時休園中です)。

 

今日の写真と地図

 

↓「皇居東御苑」の梅の花

f:id:magoiku:20210223104458j:plain

↓入口は、地下鉄「大手町(おおてまち)」駅すぐの大手門(おおてもん)、地下鉄「竹橋(たけばし)」駅すぐの平川門の2つです。

 

2.学んだこと

 

皇居東御苑とは?

 

皇居自体が旧江戸城。その東側一部が皇居附属庭園とされ、昭和43年(1968年)から公開されているそうです。

 

宮内庁HP。皇居東御苑について。入場は無料!(現在は臨時休園中)

www.kunaicho.go.jp

 

②なぜ梅の花が?梅の花はどれくらいある?

 

江戸城を築いた太田道灌が、天神社!をまつり、梅を植えたと。菅原道真公を祀っていたということですね。約70本の梅の木があるそうです。

 

↓梅林坂の案内板

f:id:magoiku:20210223105441j:plain

↓梅林(坂)の位置。「+」1つで道が分かるでしょうか。左手は高台から、右手が下からになります。

www.kunaicho.go.jp

 

③他の見所は?

 

皇居東御苑の略図。1番から29番までスポットの場所と名前が掲載されています。見所はたくさんあります。23番「二の丸庭園」。天守のあった「天守台」15番など。意外な見所は21番の「都道府県の木」。その名の通り各都道府県の木が植えられていて、学びにもなります。26番の休憩所ではお土産も。

www.kunaicho.go.jp

 

↓ 9番「展望台」からの眺め。丸の内のオフィスビル群を見渡せます。

f:id:magoiku:20210223110116j:plain

 

3.コメントと参考英語動画

 

近々取り上げる予定の平河天満宮(東京都千代田区平河町)はもともと江戸城内にあったそう。その時の梅林が今に残っていると。繋がりました!

 

 ↓外国人の方の「皇居東御苑」観光動画。皇居東御苑の広さがよく分かります。0:19~imperial palace皇居、1:30~皇居東御苑The East Gardens of the Imperial Palace、1:45~大手門Ote-mon Gate(日本語読み+それを表す英語。通りの名前とか、お寺や神社の名前でも使います)、4:22~富士見多聞(皇居東御苑の略図4番)、5:08~sliding door引き戸、5:42~天守台Base of the main tower、5:56~ruins遺跡、後半は二の丸庭園周辺(略図23番)、8:47~cherry blossoms桜、azaleasつつじ(6:50~7:15あたり。4月中旬~4月下旬が見頃でしょうか)、8:56~訪れる価値があるworth a visit。 


🇯🇵 JAPAN: Tokyo's Imperial Palace & Gardens | TRAVEL VLOG #0131  

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

東京名所:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ