日本のことを学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。コンテンツはトップページに記載(各ページ下にもトップページへのリンクがあります)。

「ペリー来航」とお台場と「日米和親条約」と箱館(函館)の関係

853年のペリー来航と1854年日米和親条約。この2つの出来事とお台場と箱館の関係を学んでいきます。

 

1.きっかけ・情報源

 

早くも4回目だったNHK大河ドラマ『青天を衝け』。昨日の放送では日米和親条約が出てきました。この機会に幕末・維新・明治初期をしっかりと学びたいと思います。

 

今日の写真と地図

 

函館山からの函館の夜景(北海道函館市)。函館は日米和親条約で開いた港の一つです。

f:id:magoiku:20210308211937j:plain

 

 ↓函館山ロープウェイで登ります。

334.co.jp

 

2.学んだこと

 

①ペリー来航と日米和親条約

 

1853年にペリーが浦賀(神奈川県横須賀市)に来航。翌年1854年の来航で日米和親条約が締結されました。この後、イギリス、ロシア、オランダとも同様の条約を締結。不平等条約で有名なのは1858年の日米修好通商条約

 

↓開港広場公園(神奈川県横浜市)。ここで日米和親条約が締結されたそうです。日米和親条約は神奈川条約とも。東海道の宿駅「神奈川」の近くだったそう。

横浜市観光情報HP。開港広場について。

www.welcome.city.yokohama.jp

 

②お台場との関係は?

 

お台場の台場は、1853年のペリー来航後、幕府が次の来航に備えて作った砲台です。6台作られて、現在残っているのは、第三台場と第六台場とのこと。

 

↓第三台場跡。現在は台場公園(東京都港区)。

f:id:magoiku:20210308213227j:plain

↓第三台場跡の左(西)にあるのが第六台場跡です。

↓お台場側から見たレインボーブリッジ。第三台場跡と第六台場跡も見えます。

f:id:magoiku:20210308213814j:plain

 

↓台場の歴史

www.tptc.co.jp

 

箱館(函館)との関係は?

 

函館は日米和親条約で開港した2つのうちの一つ。もう一つは下田でした。この機会に下田市の場所もしっかり覚えておきたいと思います。

 

静岡県下田市の位置。

 

下田市のHP。

www.city.shimoda.shizuoka.jp

 

函館市公式観光情報HP。「ペリー提督来航記念碑」の案内。

www.hakobura.jp

 

3.コメントと参考英語動画

 

『青天を衝け』。歴史だけでなく色々な名所も学べて楽しみが増えそうです。

 

ペリー提督Commodore Matthew Perryに関する動画。 


Commodore Matthew C. Perry - The Man Who Unlocked Japan

 

 

4.その他(通訳ガイド試験問題)

  

2019年(令和元年)の全国通訳案内士筆記試験「歴史(問題番号4)」で、「日米和親条約」についての理解を問う問題が出ていました。

 

www.jnto.go.jp

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

当ブログで取り上げた日本史へ

日本史:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ