日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識を様々な角度から紹介。それらの説明に必要な英語も一緒に学んでいきます。全体コンテンツは各ページ下のブログ内リンク(トップ:コンテンツ一覧へ)から確認できます。

全国通訳案内士試験対策(通訳ガイド試験対策):「歴史」編

過去問と受験経験から、歴史の試験対策として覚えるべきポイントをまとめていきます。自らの知識整理も兼ねています。

 

1.きっかけ・情報源

 

先日は、地理の試験問題についてまとめてみました。

 

改めて知識の整理が出来たので、この機会に歴史の方も同様にまとめてみることにしました。

 

地理と同様、受験したときの勉強方法も振り返りながら、効率的と思う試験対策をまとめていきます。 

 

↓地理の試験対策まとめはこちら。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

↓全国通訳案内士試験対策の全体まとめはこちらから。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

今日の本:『るるぶ地図でよくわかる47都道府県の歴史大百科』

 

↓このブログでも何度か紹介してきました。全国通訳案内士の歴史の試験対策としてもこの本はおすすめです。もちろん地理の試験対策にもなります。


るるぶ 地図でよくわかる! 47都道府県の歴史大百科

<おすすめポイント3つ>

1.見開き2ページのおまとめ事項や付録が充実。各時代の復習、戦国武将と名城、外国との貿易・交流など。付録で年表もついています。小学生向けなので分かりやすい。

2.各都道府県毎に、城や合戦跡の記載されたイラスト入り地図がある。だいたい1ページから見開き2ページ。同じページ内にに、旧国名や歴史上の出来事もまとまっている。

3.同じ各都道府県のページに主な歴史に関わる観光地3ヶ所と郷土料理3つが写真入りで紹介されている。

 

 

↓旅行好きの方が歴史を学びたいときのおすすめ本として書いた記事。

 

2.学んだこと(覚えるべきこと)

 

☆基本情報①:全国通訳案内士とは

 

全国通訳案内士の概要や試験内容は、通訳案内士法に定められています。観光庁が所管の資格で、外国人に外国語で旅行案内をするものです。日本のことを外国人に紹介する民間外交員とも呼ばれています。試験内容は、まさに、外国語で日本のことを紹介するだけの知識・能力があるかを図るもので、以下の構成になっています。

 

1次試験

以下5科目の筆記試験:「外国語」「地理」「歴史」「一般常識」「通訳案内の実務」(但し、外国語は免除制度あり。英語試験の免除は英検1級やTOEIC900点以上など)

 

2次試験

以下2つからなる口述試験:「日本語での説明を通訳」「3つのトピックから1つを選択。外国語で紹介(プレゼン)。その後質疑応答。」

 

<参考>

通訳案内士法 | e-Gov法令検索

通訳ガイド制度 | 国際観光 | 政策について | 観光庁

全国通訳案内士試験概要|全国通訳案内士試験|日本政府観光局(JNTO)

 

☆基本情報②:筆記試験(歴史)の概要

 

問題数:30問前後(2020年度までは40問前後)

試験時間:30分

解答方式:短答式(4つの選択肢。正しいものか誤っているものかを選択。全ての問題の答えが分かる必要はありません。確実に合っていると思う1つか、確実に間違っていると思う3つが分かれば大丈夫です。)

合格基準点:原則70点(100点満点ですので1問2点か3点です。あくまで基準ですので難易度が高ければ基準点が低くなることもあります。よくあります。)

 

<参考>

筆記試験過去問題(一部)|全国通訳案内士試験|日本政府観光局(JNTO)

受験者及び合格者数、合格基準|全国通訳案内士試験|日本政府観光局(JNTO)

2021年度全国通訳案内士試験|全国通訳案内士試験|日本政府観光局(JNTO)

↑施行要領やスケジュール(願書受付・試験日・合格発表)などの情報があります。「施行要領(PDF)」と「全国通訳案内士試験ガイドライン(PDF)」には試験の詳細情報が記載されています。必読です!

 

対策①:まず、各時代の主な舞台と現在の都道府県名を一致させる

 

・ポイント

まず、主要な時代とその時代の主要な舞台となった場所の理解が必要です。権力者とその人物に関連する名所や出身を頭に入れておくのが役立ちます。

 

また、戦国時代から江戸時代にかけては、昔の地名と現在の各都道府県を一致させておく必要があります。

 

なお、各時代の始まりだけは年号で覚えておくべきです。そうすれば、だいたい何年前くらいとか、〇世紀の頃とか、実際に外国の方に説明することも可能です。

 

縄文時代

三内丸山遺跡青森県

 

弥生時代

登呂遺跡(静岡県

吉野ケ里遺跡(佐賀県

 

古墳時代

仁徳天皇陵大阪府

 

飛鳥時代(593年~)

法隆寺奈良県):聖徳太子

 

奈良時代(710年~)

東大寺奈良県):聖武天皇

 

平安時代(794年~)

平等院鳳凰堂京都府):藤原頼通

 

鎌倉時代(1185年/1192年)

鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮):源頼朝

 

室町時代(1338年~)

金閣寺京都府):足利義満

銀閣寺(京都府):足利義政

 

安土桃山時代(1573年~)

安土城滋賀県):織田信長(愛知県)

大阪城大阪府):豊臣秀吉(愛知県)

 

・江戸時代(1603年~)

江戸城(東京都):徳川家康(愛知県・静岡県

二条城(京都府):徳川慶喜

 

・明治時代(1868年~)

皇居(東京都):伊藤博文山口県)、大隈重信佐賀県

 

・大正時代(1912年~)

皇居(東京都)

 

・昭和時代(1926年~)

 

 

対策②:次に、各都道府県毎の歴史的な名所とその関連人物を押さえる

 

・4つのテーマ

日本人が日本で各地に観光するときも同じです。歴史の舞台となった名所、それに関連した人物を「るるぶ」や「まっぷる」なんかで予習して訪れるのではないでしょうか。大きくは宗教関係、戦い関係、文化関係、外交関係の4つに分けられるかと思います。それぞれどの時代に属するかは必須です。

 

・宗教:寺と神社と人物

主に「寺と人物」ですが、「神社と人物」もあります。

飛鳥時代四天王寺大阪府)と聖徳太子

奈良時代唐招提寺奈良県)と鑑真

奈良時代宇佐神宮大分県)と称徳(孝謙天皇道鏡和気清麻呂

平安時代:東寺(京都府)と空海

平安時代中尊寺金色堂岩手県)と藤原清衡

平安時代厳島神社広島県)と平清盛

鎌倉時代永平寺福井県)と道元

江戸時代:日光東照宮(栃木県)と徳川家康徳川家光

江戸時代:寛永寺(東京都)と徳川吉宗

など

 

・戦い:城や合戦と人物

ここでは「城」が欠かせません。

平安時代鞆の浦広島県)と平氏

鎌倉時代元寇防塁(福岡県)と北条時宗

安土桃山時代備中高松城の水攻め(岡山県)と豊臣秀吉

明治時代:会津若松城福島県)と白虎隊

明治時代:五稜郭(北海道)と土方歳三

など

 

・文化:ゆかりの地や出身地と人物

文化人は特に出身地・作品の舞台も重要です。

江戸時代:立石寺山形県)と松尾芭蕉

江戸時代:小布施(長野県)と葛飾北斎

明治時代:坊ちゃん(愛媛県)と夏目漱石

明治時代:夜明け前(岐阜県)と島崎藤村

など

 

・外交:ゆかりの地と人物(外国人)

日本にやってきていた人物も欠かせません。

戦国時代:平戸(長崎県)とザビエル(上陸は鹿児島県)

江戸時代:三浦半島(神奈川県)と三浦按針(ウイリアム・アダムス)

江戸時代:鳴滝塾長崎県)とシーボルト

明治時代:札幌農学校(北海道)とクラーク博士

など

 

↓歴史上の人物についてはこちらから。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

対策③:肩書のある名所も留意

 

歴史の試験ですので、世界遺産、国宝、重要文化財・史跡、重要伝統的建造物保存地区(重伝建じゅうでんけん)、日本遺産などが関係してきます。

 

特に世界遺産は以下のように主な関連時代別に整理しておくと、観光名所と歴史との繋がりをイメージしやすくなります。

 

縄文時代:北海道・北東北の縄文遺跡群

弥生時代

古墳時代:百舌鳥・古市古墳群

飛鳥時代法隆寺地域の仏教建造物

飛鳥時代「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

奈良時代古都奈良の文化財

平安時代古都京都の文化財

平安時代紀伊山地の霊場と参詣道

平安時代:平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

平安時代厳島神社

鎌倉時代

室町時代古都京都の文化財金閣寺銀閣寺)

安土桃山時代石見銀山遺跡とその文化的景観

江戸時代:姫路城

江戸時代:古都京都の文化財(二条城)

江戸時代:日光の社寺

江戸時代:長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

江戸時代:白川郷・五箇山の合掌造り集落

江戸時代:富士山-信仰の対象と芸術の源泉

江戸時代:琉球王国のグスク及び関連遺産群

明治時代:明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

明治時代:富岡製糸場と絹産業

大正時代:

昭和時代:原爆ドーム

昭和時代:国立西洋美術館本館

 

3.コメント

 

地理と歴史は別々ではなく一体です。地理の試験問題で登場する観光名所には歴史的背景のある場所が含まれますし、歴史の試験問題で登場する史跡は観光名所でもあります。

 

ですから、地理と同様、歴史の試験対策で得た知識は、2次試験の面接にも直接役立ちます。

 

例えば、徳川家康が問題選択カードで出れば日光東照宮を説明。

 

子供が建てたときは普通だったが、孫がおじいちゃん子だったので(他の子を跡継ぎに考えていた秀忠の意見を覆して家光を将軍に押したのは家康)、その孫がより立派な建物にした、みたいな話は外国の人に語るネタとしても面白いかと思います。

 

4.全国通訳案内士試験問題(歴史)の特徴

 

時代とエリアを中心に、傾向を掴むのに必要な情報を少しずつ加えていきます。

 

今のところは、問題毎に、「関連する時代」、「関連する都道府県」、「関連する寺社・城の有無」、「関連する人物の有無」の順に情報を記載しています。特定できない場合は省略しています。

 

(1)2021年(令和3年)

歴史2021-01:平安時代、福岡県

歴史2021-02:平安時代京都府宮城県岩手県、人物

歴史2021-03:平安時代和歌山県

歴史2021-04:平安時代新潟県

歴史2021-05:平安時代鎌倉時代奈良県、寺

歴史2021-06:鎌倉時代室町時代愛媛県、神社

歴史2021-07:鎌倉時代室町時代

歴史2021-08:室町時代京都府山口県

歴史2021-09:安土桃山時代静岡県、神奈川県、城

歴史2021-10:安土桃山時代岐阜県

歴史2021-11:江戸時代、東京都

歴史2021-12:江戸時代、京都府、城

歴史2021-13:江戸時代、東京都

歴史2021-14:江戸時代、東京都、人物

歴史2021-15:江戸時代

歴史2021-16:江戸時代、長崎県

歴史2021-17:江戸時代

歴史2021-18:江戸時代、

歴史2021-19:江戸時代、佐賀県

歴史2021-20:明治時代、佐賀県

歴史2021-21:明治時代、京都府

歴史2021-22:明治時代、北海道

歴史2021-23:江戸時代、北海道

歴史2021-24:明治時代、北海道

歴史2021-25:明治時代、北海道

歴史2021-26:明治時代、山口県

歴史2021-27:明治時代

歴史2021-28:明治時代

歴史2021-29:大正時代

歴史2021-30:大正時代

歴史2021-31:明治時代、東京都

歴史2021-32:明治時代、東京都

 

(2)2020年(令和2年)

歴史2020-01:江戸時代、東京都、人物

歴史2020-02:江戸時代、東京都、人物

歴史2020-03:江戸時代、東京都兵庫県、人物

歴史2020-04:江戸時代、東京都兵庫県、人物

歴史2020-05:江戸時代、東京都兵庫県、人物

歴史2020-06:昭和時代

歴史2020-07:昭和時代

歴史2020-08:明治時代、福島県、城、人物

歴史2020-09:明治時代、福島県

歴史2020-10:明治時代、福島県

歴史2020-11:大正時代

歴史2020-12:大正時代、大阪府兵庫県、人物

歴史2020-13:江戸時代、東京都、城

歴史2020-14:江戸時代、東京都、城

歴史2020-15:江戸時代、東京都、寺、人物

歴史2020-16:昭和時代、東京都

歴史2020-17:江戸時代、明治時代、長野県、岐阜県、人物

歴史2020-18:江戸時代、長野県

歴史2020-19:江戸時代

歴史2020-20:平安時代滋賀県、寺、人物

歴史2020-21:平安時代滋賀県、寺、人物

歴史2020-22:平安時代滋賀県、神社

歴史2020-23:安土桃山時代、江戸時代、愛媛県、城、人物

歴史2020-24:江戸時代、徳島県

歴史2020-25:飛鳥時代室町時代徳島県、人物

歴史2020-26:飛鳥時代奈良県、人物

歴史2020-27:飛鳥時代奈良県、寺

歴史2020-28:飛鳥時代奈良県、人物

歴史2020-29:鎌倉時代室町時代、福岡県、人物

歴史2020-30:飛鳥時代、福岡県、城

歴史2020-31:奈良時代、安土桃山、江戸、明治

歴史2020-32:奈良時代大分県、神社、人物

歴史2020-33:平安時代大分県

歴史2020-34:平安時代京都府、寺

歴史2020-35:江戸時代、京都府、寺、人物

歴史2020-36:室町時代京都府、人物

歴史2020-37:室町時代京都府、寺、人物

歴史2020-38:室町時代

歴史2020-39:平安時代京都府、寺、人物

歴史2020-40:平安時代、鎌倉、京都府、寺、人物

歴史2020-41:室町時代山口県、寺、人物

歴史2020-42:奈良時代、鎌倉、明治、昭和、山口県、人物

歴史2020-43:平安時代、鎌倉、山口県、人物

 

(3)2019年(令和元年) 

歴史2019-01:江戸時代、明治時代、東京都、神奈川県、千葉県、神社、寺、人物

歴史2019-02:平安時代岩手県、寺

歴史2019-03:平安時代岩手県、人物

歴史2019-04:江戸時代、北海道、神奈川県、人物

歴史2019-05:明治時代、北海道

歴史2019-06:明治時代、北海道

歴史2019-07:江戸時代、東京都、人物

歴史2019-08:江戸時代、東京都、人物

歴史2019-09:江戸時代、栃木県、寺、人物

歴史2019-10:江戸時代、栃木県、寺

歴史2019-11:江戸時代、東京都、人物

歴史2019-12:江戸時代、東京都、人物

歴史2019-13:江戸時代、長崎県、人物

歴史2019-14:江戸時代、東京都、神奈川県、京都府、鹿児島県、山口県、人物(徳川慶喜他)

歴史2019-15:明治時代、東京都、埼玉県、人物(渋沢栄一

歴史2019-16:明治時代、東京都山口県、人物

歴史2019-17:明治時代、東京都

歴史2019-18:大正時代、昭和時代、人物

歴史2019-19:大正時代、昭和時代、人物

歴史2019-20:昭和時代、人物

歴史2019-21:安土桃山時代、江戸時代、三重県、京都県、愛知県、人物

歴史2019-22:江戸時代、三重県、人物

歴史2019-23:江戸時代、三重県、人物

歴史2019-24:平安時代京都府兵庫県、人物

歴史2019-25:奈良時代平安時代、江戸時代、昭和時代、京都府、寺、人物

歴史2019-26:鎌倉時代京都府、寺

歴史2019-27:安土桃山時代、江戸時代、京都府、寺

歴史2019-28:鎌倉時代京都府、寺

歴史2019-29:安土桃山時代、江戸時代、兵庫県、城、人物

歴史2019-30:昭和時代、兵庫県、城、人物

歴史2019-31:平安時代鎌倉時代和歌山県、神社

歴史2019-32:平安時代鎌倉時代和歌山県、人物

歴史2019-33:奈良時代室町時代、江戸時代、島根県、寺、人物

歴史2019-34:明治時代、島根県時代、人物

歴史2019-35:江戸時代、岡山県、城、人物

歴史2019-36:安土桃山時代、江戸時代、岡山県、人物

歴史2019-37:鎌倉時代、江戸時代、昭和時代、香川県、人物

歴史2019-38:江戸時代、佐賀県、人物

歴史2019-39:安土桃山時代、江戸時代、明治時代、昭和時代、熊本県、城、人物

歴史2019-40:昭和時代、東京都北海道三重県沖縄県

 

(4)2018年(平成30年)  

歴史2018-01:明治時代、昭和時代、北海道

歴史2018-02:明治時代、北海道

歴史2018-03:明治時代、北海道、人物

歴史2018-04:昭和時代、北海道

歴史2018-05:安土桃山時代、江戸時代、明治時代、宮城県、寺

歴史2018-06:鎌倉時代山形県、寺

歴史2018-07:江戸時代、栃木県、寺、人物

歴史2018-08:江戸時代、栃木県、寺、人物

歴史2018-09:江戸時代、栃木県、寺、人物

歴史2018-10:江戸時代、栃木県

歴史2018-11:江戸時代、埼玉県、人物

歴史2018-12:江戸時代、千葉県、人物

歴史2018-13:江戸時代、栃木県、埼玉県、千葉県

歴史2018-14:明治時代、大正時代、昭和時代、東京都

歴史2018-15:室町時代、江戸時代、明治時代、東京都

歴史2018-16:江戸時代、明治時代、神奈川県

歴史2018-17:明治時代、大正時代、神奈川県、人物

歴史2018-18:鎌倉時代室町時代、江戸時代、神奈川県、神社

歴史2018-19:奈良時代、江戸時代、岐阜県

歴史2018-20:江戸時代、愛知県

歴史2018-21:平安時代香川県、和歌山、京都府、人物

歴史2018-22:平安時代香川県、和歌山、京都府、人物

歴史2018-23:平安時代香川県、和歌山、京都府、人物

歴史2018-24:平安時代徳島県高知県愛媛県香川県、人物

歴史2018-25:飛鳥時代大阪府、寺

歴史2018-26:飛鳥時代奈良時代平安時代奈良県滋賀県京都府

歴史2018-27:飛鳥時代滋賀県、神社

歴史2018-28:室町時代、江戸時代、明治時代、沖縄県

歴史2018-29:江戸時代、大阪府、人物

歴史2018-30:江戸時代、京都府東京都、人物

歴史2018-31:鎌倉時代京都府、福岡県、寺、人物

歴史2018-32:鎌倉時代島根県、人物

歴史2018-33:室町時代静岡県、愛知県、京都府、人物

歴史2018-34:室町時代京都府、寺、人物

歴史2018-35:室町時代京都府広島県、人物

歴史2018-36:室町時代、愛知県、静岡県大阪府長崎県、人物

歴史2018-37:安土桃山時代大阪府、人物

歴史2018-38:安土桃山時代京都府、人物

歴史2018-39:安土桃山時代京都府

歴史2018-40: 江戸時代、明治時代、人物

 

(5)2017年(平成29年)   

歴史2017-01:鎌倉時代、寺

歴史2017-02:鎌倉時代、神社

歴史2017-03:明治時代、群馬県

歴史2017-04:明治時代

歴史2017-05:明治時代

歴史2017-06:明治時代、群馬県

歴史2017-07:飛鳥時代三重県

歴史2017-08:江戸時代、三重県、神社、人物

歴史2017-09:平安時代京都府、寺、人物

歴史2017-10:江戸時代、京都府、城、人物(徳川慶喜他)

歴史2017-11:奈良時代奈良県、寺、人物

歴史2017-12:江戸時代、山口県、人物

歴史2017-13:江戸時代、山口県、人物

歴史2017-14:明治時代、京都府東京都山梨県福島県、人物

歴史2017-15:明治時代、北海道、人物

歴史2017-16:室町時代、愛知県、滋賀県、城、人物

歴史2017-17:安土桃山時代、人物

歴史2017-18:安土桃山時代京都府、寺、人物

歴史2017-19:江戸時代、大正時代、昭和時代、岐阜県、人物

歴史2017-20:江戸時代、神奈川県

歴史2017-21:江戸時代、人物

歴史2017-22:江戸時代、栃木県、神社、人物

歴史2017-23:平安時代岩手県、寺、人物

歴史2017-24:江戸時代、滋賀県、城、人物

歴史2017-25:江戸時代、東京都、人物

歴史2017-26:室町時代京都府、寺、人物

歴史2017-27:室町時代京都府、寺、人物

歴史2017-28:室町時代京都府、寺

歴史2017-29:古墳時代平安時代広島県、神社、人物

歴史2017-30:平安時代、福岡県、神社、人物

歴史2017-31:平安時代、神社、人物

歴史2017-32:平安時代京都府、神社

歴史2017-33:江戸時代、島根県、人物

歴史2017-34:江戸時代、島根県

歴史2017-35:江戸時代、岡山県

歴史2017-36:江戸時代、岡山県

歴史2017-37:室町時代大分県キリスト教、人物

歴史2017-38: 江戸時代、長崎県キリスト教

 

(6)2016年(平成28年)   

歴史2016-01:奈良時代奈良県、寺、人物

歴史2016-02:飛鳥時代奈良時代奈良県、寺、人物

歴史2016-03:奈良時代奈良県、寺、人物

歴史2016-04:奈良時代奈良県、寺

歴史2016-05:奈良時代奈良県、寺

歴史2016-06:平安時代、室町、京都府、寺、人物

歴史2016-07:平安時代京都府、寺、人物

歴史2016-08:平安時代京都府、寺、人物

歴史2016-09:飛鳥時代大阪府、寺、人物

歴史2016-10:平安時代、鎌倉、山口県、神社、人物

歴史2016-11:平安時代、鎌倉、山口県、神社、人物

歴史2016-12:明治時代、北海道、人物

歴史2016-13:明治時代、北海道、人物

歴史2016-14:明治時代、北海道

歴史2016-15:江戸時代、福井県、人物

歴史2016-16:奈良時代福井県奈良県、寺

歴史2016-17:明治時代、福井県、寺

歴史2016-18:江戸時代、福井県

歴史2016-19:弥生時代

歴史2016-20:古墳時代

歴史2016-21:縄文時代

歴史2016-22:縄文時代青森県

歴史2016-23:古墳時代大阪府

歴史2016-24:弥生時代佐賀県

歴史2016-25:縄文時代青森県

歴史2016-26:古墳時代大阪府

歴史2016-27:弥生時代佐賀県

歴史2016-28:弥生時代、福岡県

歴史2016-29:弥生時代、福岡県

歴史2016-30:飛鳥時代、人物

歴史2016-31:鎌倉時代、福岡県、人物

歴史2016-32:鎌倉時代、福岡県、人物

歴史2016-33:鎌倉時代、人物

歴史2016-34:室町時代、人物

歴史2016-35:江戸時代、長崎県、人物

歴史2016-36:江戸時代、長崎県、人物

歴史2016-37:江戸時代、長崎県大阪府、人物

歴史2016-38:江戸時代、長崎県静岡県、人物

歴史2016-39:江戸時代、宮城県、人物

歴史2016-40:安土桃山時代、神奈川県、城

歴史2016-41:江戸時代、宮城県、人物

 

(7)2015年(平成27年)  

歴史2015-01:奈良時代奈良県、寺、神社

歴史2015-02:飛鳥時代奈良県、寺

歴史2015-03:奈良時代奈良県、寺、人物

歴史2015-04:奈良時代奈良県、寺、人物

歴史2015-05:奈良時代奈良県

歴史2015-06:奈良時代奈良県

歴史2015-07:飛鳥時代平安時代安土桃山時代、江戸時代、広島県、神社、人物

歴史2015-08:平安時代広島県兵庫県、人物

歴史2015-09:平安時代、人物

歴史2015-10:平安時代広島県、神社

歴史2015-11:安土桃山時代、江戸時代、兵庫県、城、人物

歴史2015-12:江戸時代、滋賀県、愛知県、神奈川県、岩手県、城

歴史2015-13:室町時代、長野県、城

歴史2015-14:江戸時代、岡山県、人物

歴史2015-15:江戸時代、兵庫県、人物

歴史2015-16:明治時代、群馬県、人物

歴史2015-17:明治時代、東京都、鹿児島県、人物

歴史2015-18:明治時代、東京都、埼玉県、人物(渋沢栄一

歴史2015-19:平安時代、長野県、神社

歴史2015-20:明治時代、福岡県

歴史2015-21:室町時代京都府、寺、人物

歴史2015-22:室町時代京都府、寺、人物

歴史2015-23:平安時代岩手県、人物

歴史2015-24:平安時代岩手県、人物

歴史2015-25:平安時代京都府、人物

歴史2015-26:平安時代京都府、人物

歴史2015-27:安土桃山時代京都府、神社、人物

歴史2015-28:江戸時代、京都府兵庫県

歴史2015-29:江戸時代、京都府、石川県

歴史2015-30:江戸時代、栃木県、神社

歴史2015-31:氷河時代

歴史2015-32:飛鳥時代

歴史2015-33:平安時代、人物

歴史2015-34:室町時代安土桃山時代、鹿児島県、長崎県キリスト教、人物

歴史2015-35:江戸時代、北海道山口県、人物

 

www.jnto.go.jp

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

5.ブログ内リンク(トップページ含む)

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ