日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。各テーマはトップページに記載(各記事の下にもトップページへのリンクがあります)。

根菜類、葉茎菜類、果菜類ごとに主な野菜の英語を学びます!

野菜の英語に関して、根(根菜類)、葉と茎(葉茎菜類)、そして、果実(果菜類)という大きな3つの種類別に学んでいきます。

 

1.きっかけ・情報源

 

先日、島根県のらっきょうを調べたときに、農林水産省のHPで、植物のどの部分なのか?根なのか?葉なのか?茎なのか?果実なのか?で、野菜の種類を分けられることを改めて学びました。

 

パッと出てこない野菜の英語名も、とりあえず根の野菜とか葉の野菜とかと言って、日本語ではこう呼ぶと言えば、いったん説明ができます。外国の方との食事の時に野菜の英語名は必須です。この機会に一度整理をしてみたいと思います。

 

農林水産省のHP。野菜類の区分。

www.maff.go.jp

 

今日の写真

↓米国のステーキチェーンアウトバックステーキハウスOutback Steakhouse」の名物ブルーミン・オニオンblooming onion。まさに咲き誇る玉ねぎ。ブルーミングではなく、ブルーミンとしているのは「グ」を発音しないからそうしているのでしょうか!?

f:id:magoiku:20210525224745j:plain

www.outbacksteakhouse.co.jp

 

2.学んだこと

  

①根菜類(こんさいるい)

 

根菜(こんさい)はroot vegetableです。根の部分の野菜のことです。

代表的なものには、だいこんradish、にんじんcarrot、ごぼうburdockなどがあります。

ごぼうの生産量一位は青森県三沢市が有名)。

 

コトバンク。根菜類。

kotobank.jp

 

②葉茎菜類(ようけいさいるい)

 

葉茎菜(ようけいさい)は、葉の野菜leaf vegetable茎の野菜stem vegetableです。

前者の代表的なものには、はくさいChinese cabbage、キャベツcabbage、レタスlettuceほうれん草spinachなどがあります。

後者の代表的なものには、ネギgreen onion、たまねぎonionなどがあります。

たまねぎの生産量一位は圧倒的に北海道。

 

コトバンク。葉茎菜類

kotobank.jp

 

果菜類(かさいるい)

 

果実の(部分の)野菜fruit vegetableです。

代表的なものには、きゅうりcucumber、なすeggplant、ピーマンgreen pepperなどがあります。

ピーマンの生産量一位は茨城県

 

コトバンク果菜類

kotobank.jp

 

3.コメント

 

日本語と同じで何回も繰り返し覚えれば、思い出せば、自然と頭に入ります。野菜の英語は頭に入れるのはある意味で簡単です。食事のときや買い物のときに、見た都度、思い出せばいいので。

 

気になった野菜英語があれば、その都度こちらに増やしていきたいと思います。主な生産地情報も追記していきます!

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

食べもの一般:コンテンツ一覧へ

英語情報:コンテンツ一覧へ 

トップ:コンテンツ一覧へ