日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。各テーマはトップページに記載(各記事の下にもトップページへのリンクがあります)。

通訳ガイド(全国通訳案内士)の試験問題で学ぶ【日本の交通運輸機関】

一般常識の過去問(2015~2020)から日本の交通運輸機関について学んでいきます。

 

1.きっかけ・情報源 

 

全国通訳案内士試験の筆記試験のうち「地理」と「歴史」の問題についてはこれまでかなり取り上げてきました。日本のことを学ぶ上でもよい復習になっています。残る「一般常識」についても、少しずつ、まとめていきたいと思います。今回取り上げるのは、交通運輸機関についてです。

  

↓全国通訳案内士試験「地理」の試験対策はこちらから。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

↓全国通訳案内士試験「歴史」の試験対策はこちらから。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

今日の写真と地図 

 

行幸通りから見たJR「東京」駅。駅の手前が丸の内駅前広場です。

f:id:magoiku:20210622231156j:plain

 

2.学んだこと

 

①鉄道に関連する問題

 

一般常識2019-11

2019(令和元年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識(問題番号11)」で、「2020年にJR山手線・京浜東北線の田町~品川間に誕生した新駅の名前が高輪ゲートウェイ駅であること」の理解が必要な問題が出ていました。

 

一般常識2018-6

2018(平成30年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識(問題番号6)」で、「JR各社とICカード乗車券の組合せについての」の理解が必要な問題が出ていました。

JR北海道:キタカ

www.jrhokkaido.co.jp

JR東日本:スイカ

www.jreast.co.jp

JR東海:トイカ

https://toica.jr-central.co.jp/

JR西日本:イコカ

www.jr-odekake.net

JR九州:スゴカ

www.jrkyushu.co.jp

 

一般常識2018-8

2018(平成30年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識(問題番号8)」で、「レストラン列車について」の理解が必要な問題が出ていました。

 

一般常識2017-18

2017(平成29年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識(問題番号18)」で、「2017年5月にJR東日本が運行開始した豪華なクルーズトレインが『四季島』であること」の理解が必要な問題が出ていました。

www.jreast.co.jp

 

一般常識2017-19

2017(平成29年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識(問題番号19)」で、「2017年6月にJR西日本が運行開始した豪華なクルーズトレインcruise trainが『瑞風(みずかぜ)』であること」の理解が必要な問題が出ていました。

www.twilightexpress-mizukaze.jp

 

一般常識2016-21

2016(平成28年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識(問題番号21)」で、「2016年3月に開業した北海道新幹線で、東京駅と新函館北斗駅間に要する時間について」の理解が必要な問題が出ていました。

 

一般常識2016-22

2016(平成28年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識(問題番号22)」で、「JAPAN RAIL PASSについて」の理解が必要な問題が出ていました。

japanrailpass.net

 

②空港に関連する問題

 

一般常識2016-22

2016(平成28年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識(問題番号22)」で、「成田国際空港LCC(Low-Cost Carriers)専用の第3ターミナルで発着している航空会社について」の理解が必要な問題が出ていました。

www.narita-airport.jp

 

一般常識2015-11

2015(平成27年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識(問題番号11)」で、「2015年4月時点で羽田空港との直行便direct flightがないアジアの都市について」の理解が必要な問題が出ていました。

tokyo-haneda.com

 

一般常識2015-12

2015(平成27年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識(問題番号12)」で、「首都圏の空港へのアクセスについて、首都高速中央環状品川線が2015年に完成し、羽田-新宿間の所要時間が大幅に短縮されたこと」の理解が必要な問題が出ていました。

 

③クルーズ船に関連する問題

 

一般常識2018-7

2018(平成30年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識(問題番号7)」で、「2017年のクルーズ船cruise shipの寄港回数が最も多かった港が博多港であったこと」の理解が必要な問題が出ていました。
www.city.fukuoka.lg.jp

 

一般常識2017-20

2017(平成29年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識(問題番号20)」で、「2016年のクルーズ旅客数について」の理解が必要な問題が出ていました。

 

3.コメントと参考英語動画

 

日本国内の移動で欠かせない、また、それ自体が観光資源の「鉄道」。日本と各国を結んでいる「空港」の状況。飛行機以外の訪日手段の「クルーズ船」。この3つが交通運輸機関に関する問題の主要なテーマでしょうか。これらに関するニュースなどがあれば、その都度アップデートしていきたいと思います。

 

↓Japan Experienceという旅行会社のチャネル。複数都市を旅行する訪日外国人がよく使っているジャパン・レール・パスに関するQA動画。実際には最新情報を確認することが必要です。上の2016-22の試験問題にリンクがあります。


www.youtube.com

 

↓日本各地を紹介してるYellow Productionsチャネル。ジャパン・レール・パスの紹介です。


www.youtube.com

 

4.その他(全国通訳案内士試験問題:交通運輸機関関連12問)

 

2015年(平成27年)から2020年(令和2年)の全国通訳案内士筆記試験では、12問が交通運輸機関関連の問題でした。

  

www.jnto.go.jp

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

 観光名所:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ