日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。各テーマはトップページに記載(各記事の下にもトップページへのリンクがあります)。

【オランダで人気のスポーツ】は!?五輪参加選手数3位ホッケー・2位ボート・1位は?

オリンピック各競技の参加選手人数をチェック。オランダで人気のスポーツを学んでいきます。

 

1.きっかけ・情報源

 

今日は日本と関係が深い国、オランダを調べてみました。江戸時代の学びの中で改めて結びつきの深さを認識しました。東京オリンピックの参加選手の人数から人気のスポーツを推測します。

 

男女合わせて約290人の選手が参加。東南アジア11ヶ国全体の参加者約180人よりも多いです。

 

また、オランダの人口は約1718万人。フランスは人口約6699万人に対して約417人ですから、十分に多いです!

 

↓こちらのサイトを参照しました。

各国選手名鑑〔五輪〕|東京2020オリンピック・パラリンピック|ニュースサイト:時事ドットコム

 

東京オリンピックの参加国・地域はこちら。

insearchofjapan.hatenablog.com

  

今日の写真と地図

 

↓「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)。日本でオランダというとまずはここが思い浮かびます!

f:id:magoiku:20210805222505j:plain

ハウステンボスの位置。長崎市との位置関係。

www.huistenbosch.co.jp

 

↓オランダの位置。首都はアムステルダム。 

オランダ王国|外務省

オランダ | 欧州 - 国・地域別に見る - ジェトロ

ホーム | orandatowatashi.nl

 

↓日本との関係は1600年にオランダ船のリーフデ号が到着して以来。ウィリアム・アダムスと一緒にやってきたのがオランダ人のヤン・ヨーステン

insearchofjapan.hatenablog.com

 

2.学んだこと(東京五輪参加者数順位)

 

①第一位は陸上競技! 

 

陸上競技athleticsの参加選手は男子19人、女子25人の計44人でした。

 

1500mでコケても予選1位というニュース。オランダ女子のハッサン選手だったのですね。1500m、5000m、10000mの3冠を狙い、既に5000mでは金獲得!

 

②第二位はボート! 

 

ボートboatの参加選手は男子24人、女子15人の計39人でした。男子だけだとボートの参加選手が一番多いです。

 

ボートはヨーロッパやアメリカが強いそうです。2本のオールoarを持つスカルと、1本のオールを両手で持つスウィープという2つに大きく分かれます。乗る人数の違いもあり計7種目。距離は直線2000m!

 

オランダのメダル数はこれまでのところ計26個(10位)。そのうち5個のボートが一番メダルをとっています!金も一つ。

 

↓「ボートはヨーロッパやアメリカが強い・・・」。この本からの情報です。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

③第三位はホッケー(フィールドホッケー)! 

 

ホッケーhokey(フィールドホッケーfield hokey)の参加選手は男子18人、女子18人の計36人でした。

 

ホッケーの近年の強豪国は、オランダ、アルゼンチン、ドイツなどだそう。

 

オランダ女子チームは世界ランキング一位で、明日の決勝戦にも進んでいます。相手はアルゼンチン!

 

↓「ホッケーの近年の強豪国は・・・」。この本からの情報です。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

④四位以下は??

 

4位以下で参加選手が10人を超えているスポーツは、7競技。

 

サッカー(22人。女子チームだけ。男子は予選で敗退したのでしょうか)、ハンドボール(15人。こちらも女子チームだけ)、競泳(14人)、水球(14人)、自転車ロード(11人)、柔道(10人)、馬術(10人)でした。

 

自転車競技(BMXフリースタイル・BMXレーシング・マウンテンバイク・ロード・トラック)では、BMXフリースタイルを除いて、計30人が出場しています。5個の金メダルを獲得。自転車も強いのですね。

 

3.コメント

 

 

オランダ人は身長が高く、スポーツでは体格を活かしていると。サッカーも強豪国。また、スピードスケートはオランダ発祥です。

 

↓「オランダ人は身長が高く・・・」。この本からの情報です。 


地理×文化×雑学で今が見える『世界の国々』 (だからわかるシリーズ)

 

4.全国通訳案内士試験問題:スポーツ関連

 

2015年(平成27年)から2020年(令和2年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識」ではほぼ毎年スポーツ関連の問題も出題されています。

 

 ↓スポーツに関する問題はこちらから。

insearchofjapan.hatenablog.com

  

www.jnto.go.jp

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

5.ブログ内リンク(トップページ含む) 

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

文化・アニメ・スポーツ:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ