日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。各テーマはトップページに記載(各記事の下にもトップページへのリンクがあります)。

【スティーブ・ジョブズの2007年iPhone発表スピーチ】で英語を学ぶ

2007年にスティーブ・ジョブズが初めてiPhoneを発表したスピーチで英語を学んでいきます。

 

1.きっかけ・情報源

 

9月15日(米国9月14日)、アップルがiPhone13を発表しました。

 

初代iPhoneが発売されたのが2007年。今回の番号が13ですから、ほぼ毎年新たなバージョンが出ているということですね。

 

もうスマホがない生活は考えられません。

 

2007年のスティーブ・ジョブズのスピーチで世界が変わってしまいました!久しぶりに(冒頭だけですが)聞いてみました。下に動画を貼り付けています。ジョブズの英語は聞き取りやすくて、また、英語プレゼンの学びにもなります!

 

今日の写真と地図 

 

↓「アップル銀座店」(東京都中央区銀座三丁目)。中央通沿いです。このほかアップルの直営店は東京では丸の内、新宿、渋谷、表参道。そして、神奈川県の川崎、愛知県名古屋の栄、京都府京都市四条通大阪府大阪市の心斎橋、そして、福岡県福岡市の天神にあります。名だたる商業地ばかりですね。

f:id:magoiku:20210915215430j:plain

お近くのApple Store - 銀座 - Apple(日本)

 

2.学んだこと(分秒は下の動画の再生時間表示です)

 

①0:25~:3つの革新的な商品を紹介します

 

Today we’re introducing three revolutionary products of this class.

今日。私たちは紹介します。3つの画期的な商品を。これと同じような。

 

「これと同じような」:コンピューター業界を変えた1984年のマッキントッシュ、音楽業界を変えた2001年のiPodに続くような、革新的な商品を紹介すると。

 

スティーブ・ジョブズ、3つが好きです。スタンフォード大学の卒業式スピーチでも3つの話をしていました。

 

今回のプレゼンも3つ。短い中で、①導入introduction、②③④ボディbody3つ、⑤結論conclusion、というプレゼンの教科書のような説明をしています。

 

スタンフォード大学卒業式スピーチはこちらから。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

②1:36~:最初の商品は

 

The first one is a widescreen iPod with touch controls.

最初の商品は。大型画面のiPodです。接触で操作可能な。

 

③1:53~:二つ目の商品は

 

The second is a revolutionary mobile phone. 

二つ目の商品は。画期的な携帯電話です。

 

④2:08~:三つ目の商品は

 

And the third is a breakthrough internet communications device.  

そして三つ目の商品は。画期的なインターネット通信機です。

 

⑤2:45~:分かりますよね?

 

Are you getting it?These are not three separate devices, this is one device, and we are calling it iPhone.  Today Apple is going to reinvent the phone.

分かりますよね。これらは。ありません。3つの分かれた機器では。これは一つの機器です。そして、私たちは。呼びます。それを。iPhoneと。今日。アップルは。します。再発明を。電話機の。

 

3.コメントと参考英語動画

 

スタンフォード大学スピーチの記事でも書きましたが、このブログも一応?、イントロ・ボディ3つ・コンクルージョンを意識した構成にしています。フォーマットを考えなくてよいところは利点!?です。

 

Steve Jobs iPhone Keynote 2007
www.youtube.com

 

iPhoneの歴史。商品画像とスペックの紹介だけですが思わず最後まで見てしまいました。


www.youtube.com

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

4.ブログ内リンク(トップページ含む) 

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

英語勉強法:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ