日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。各テーマはトップページに記載(各記事の下にもトップページへのリンクがあります)。

【大隈重信】と佐賀県(七賢人)・東京都(政党と首相・早稲田大学)との関係を学びます

渋沢栄一に明治政府で働くことを説得した人物、大隈重信。その出身地、政治家としての実績、そしてあの大学との関係を学んでいきます。

 

1.きっかけ・情報源

 

幕末・維新・明治をしっかりと学ぼうと毎回見ているNHK大河ドラマ『青天を衝け』。

 

前回第27回、今回第28回と非常にユニーク!?なキャラで大倉孝二さんに演じられていたのが大隈重信渋沢栄一が政府で働くきっかけとなった人物です。

 

これからドラマでは明治時代の色々な人物を学ぶことができそうです。今回はまず大隈重信を取り上げます。

 

今日の写真と地図

 

↓「大隈記念講堂(大隈講堂)Okuma Auditorium」(東京都新宿区の早稲田大学)。1927年(昭和2年)竣工。国指定の重要文化財です。左側の木の背後には大隈庭園があります。またこの大隈講堂を望む大隈重信像がキャンパス内にあります。

f:id:magoiku:20210926131945j:plain

早稲田大学大隈記念講堂 文化遺産オンライン

 

2.学んだこと

 

大隈重信佐賀県(七賢人)

 

大隈重信1838年に現在の佐賀県で生まれました。当時は肥前。幕末から明治にかけて活躍した四藩、薩長土肥(さっちょうどひ)の肥です。土は土佐(高知県)。

 

当時のお殿様の鍋島直正が軍備の近代化に熱心で日本初の反射炉(鉄を溶かして大砲を作るための設備)を作ったり、教育にも力を入れ人材も育成。江藤新平副島種臣大隈重信などが明治新政府の要人になって薩長土肥の一角に。

 

史実でも接点の多かった、渋沢栄一1840年生まれ、伊藤博文は1841年生まれ、と歳も近かったことを知りました。渋沢栄一はパリに、伊藤博文は長州ファイブの一員で英国に行った経験があることは学びました。では大隈重信は?

 

大隈重信は海外に出ることはなかったようですが、鍋島直正が長崎で設立した藩校致遠館(ちえんかん)にいわば国内留学。宣教師フルベッキから英語だけでなく欧米の知識を得ていたようです。

 

佐賀県についてはこちらから。写真は大隈重信像。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

<参考>

 

大隈重信 ~明治・大正きっての傑物~ 佐賀市観光協会公式ポータルサイト サガバイドットコム [sagabai.com]

 

kotobank.jp

 

大隈重信 | 近代日本人の肖像

 

↓七賢人についてはこちらから。

佐賀の七賢人(佐賀市) | 観光情報検索 | [佐賀県公式]定番から穴場スポットまで佐賀をまるっと楽しむ!あそぼーさが

佐賀の七賢人 / キッズサイトTOP / 佐賀県

 

kotobank.jp

 

総務省のHPにも大隈重信の名前が!

www.stat.go.jp

 

フルベッキとは - コトバンク

 

www.okuma-museum.jp

 

大隈重信と東京都千代田区立憲改進党・2度の総理大臣)

 

大隈重信は第8代(1898年)と第17代(1914年~1916年)の総理大臣。2回目の時は79歳まで総理だったそうで今でも歴代最高齢の首相です。ちなみに次の総理大臣は第100代になります!

 

薩長土肥が新政府の中心といっても、大隈重信が総理大臣になるまでの総理大臣は初代伊藤博文の3回を含む薩長出身者のみ。これを打破するために、土佐出身の板垣退助自由党を、肥前出身の大隈重信立憲改進党という政党を作ったようです。大隈重信立憲改進党を作ったのは1882年(明治15年)。大隈が政府を追われた「明治十四年(1881年)の政変」の翌年ですね。

 

現在の国会議事堂の中にある1938年(昭和13年)に作られた彼ら3人の銅像伊藤博文は初代内閣総理大臣板垣退助は日本初の政党(自由党)の党首、大隈重信は初の政党内閣の総理大臣といった理由があったようです。

 

ちなみに4つ目の銅像の台座だけがあるそうですが、「決められなかった」「政治に終わりはなく未完の象徴」みたいな意味があると言われています。

 

<参考>

 

歴代内閣 | 首相官邸ホームページ

 

国会議事堂案内 中央広間:参議院

 

大隈重信と東京都新宿区(早稲田大学

 

大隈重信立憲改進党を作った1882年(明治15年)に早稲田大学の前身となる東京専門学校も設立。この地に別邸があったそうです。

 

そして1907年には早稲田大学の初代総長に就任。

 

渋沢栄一とは、今回のドラマでも描かれた1869年の初対面以来、ずっと親交があったようです。渋沢栄一早稲田大学評議員になったり寄付をしたり。大隈重信没後の大隈記念講堂設立事業では会長まで引き受けていたそう!

 

<参考>

 

早稲田の歴史 – 早稲田大学

 

www.waseda.jp

 

早稲田大学と渋沢栄一【第1回】 – 早稲田ウィークリー

渋沢栄一と大隈重信 – 早稲田ウィークリー

 

3.コメントと参考英語動画

 

大隈重信早稲田大学しか知りませんでしたが、佐賀県の七賢人、薩長土肥の新政府での関係、渋沢栄一との関係など、色々なことが学べました。

 

大倉孝二さんのインパクトのある演技で以前よりも身近に感じられそうです。

 

早稲田大学のチャネル(海外学生向けの動画。英語字幕。)。0:21~大隈重信像と大隈記念講堂、0:32~留学生international students、0:45~大隈重信像と大隈記念講堂、1:30~大隈記念講堂Okuma Auditorium、3:03~創設者founder

www.youtube.com

 

早稲田大学のチャネル(国際化についての動画)。0:30~「大隈重信は流暢に英語を話した。」。フルベッキから英語を学ぶ。

www.youtube.com

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

4.全国通訳案内士試験問題:大隈重信関連2問

 

歴史2018-40: 江戸、明治、人物

2018年(平成30年)の全国通訳案内士筆記試験「日本歴史(問題番号40)」で、「幕府の文久遣欧使節の一員、豊前中津藩士、長崎・大阪で蘭学を学び、『学問のすすめ』や『西洋事情』を書いた人物が福沢諭吉であること」の理解が必要な問題で、選択肢として大隈重信が登場していました。

 

歴史2015-17:明治、東京、鹿児島、人物

2015年(平成27年)の全国通訳案内士筆記試験「歴史(問題番号17)」で、「1877年に開催された第1回内国勧業博覧会を積極的に主導した内務省の内務卿が薩摩出身の大久保利通であったこと」の理解を問う問題で、選択肢として大隈重信が登場していました。 

 

5.ブログ内リンク(トップページ含む) 

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

当ブログで取り上げた日本史へ

日本史:コンテンツ一覧へ

歴史上の人物など:コンテンツ一覧へ 

トップ:コンテンツ一覧へ