日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。各テーマはトップページに記載(各記事の下にもトップページへのリンクがあります)。

【オンライン英会話(レアジョブ)】で日本に来たことのある講師を見つける方法

日本に旅行で来たことがある、日本で働いたことがある、日本の学校に行っていたことがある、講師もいるオンライン英会話。そんな講師の探し方を紹介します。

 

1.きっかけ・情報源

 

オンライン英会話は安いコストで毎日英語を使う練習ができる貴重なツールです。

 

日本に来たことのある講師と話すことができれば、全国通訳案内士の口述試験の役にも立つような日本の地理や一般常識についてより実践的な話をすることもできます。

 

今回はオンライン英会話で「日本に来たことのある」を講師を選ぶ方法を紹介します。

 

今日の写真と地図

 

↓「北海道庁赤レンガ庁舎(旧本庁舎)」(北海道札幌市)。やはり雪をみたい、だから北海道に行きたい!というフィリピンの方が多いです! 

f:id:magoiku:20211025235723j:plain

 

2.学んだこと

 

①日本に旅行に来たことのある講師の探し方

 

レアジョブでは、講師を検索することができます。講師数は6000人以上!

 

検索では、「さらに詳しい条件を指定する」ことが出来ます。

 

フリーワード検索で「趣味から検索」を選択して、Japanと入れます。

 

この条件で検索。講師のプロフィールで旅行欄を中心に見ます。そこでJapanと入っていれば日本に旅行で来たことのある講師です(たまに「行きたい!」という意味の講師もいますが・・・)。

 

明日の講師は1401名。うち53名がヒット。総合評価順で最初の15名だけ調べ調べると14名は日本に旅行で来たことがあると思われる講師でした。

 

②日本に住んだことのある講師の探し方

 

こちらは難易度が高いです。

 

①と同じく、「さらに詳しい条件を指定する」を選びます。

 

今度はフリーワード検索で「自己紹介から検索」を選択して、Japanと入れます。

 

すると自己紹介欄でJapanの文字を記載している講師が出てきます。

 

JapaneseアニメやJapaneseフードが好きという講師も多いですが、中には日本で英語を教えていたことがある、とか、日本の会社で働いていたことがある、とか、日本の大学を卒業した、なんて講師に巡り合うこともあります。

 

③その他の方法

 

あとは偶然です。

 

そんな講師と遭遇したら、ブックマークしておきます。

 

3.コメント

 

全国通訳案内士の口述試験では、当然日本のこと(観光地・歴史上の人物・特産・郷土料理など)がトピックになります。

 

日本に来たことのある講師であれば、ある程度日本のことに詳しいですし、次の旅行でおススメする名所を紹介したりと、より実践的なテスト対策もできます。

 

「日本とスイスが好きで北海道に行って見たい。北海道以外にはどこがおすすめか?」という講師には「日本アルプスのある長野」の紹介をしました。

 

日本での旅行で楽しかったこと、驚いたこと、困ったことなどを聞くのも、純粋に楽しいです。

 

↓長野県についてはこちらから。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

4.全国通訳案内士試験問題:口述試験対策

 

口述試験(2次試験)の内容もこちらから。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

5.ブログ内リンク(トップページ含む) 

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

英語勉強法:コンテンツ一覧へ

文化・アニメ・スポーツ:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ