日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。各テーマはトップページに記載(各記事の下にもトップページへのリンクがあります)。

「公武合体」と増上寺と「坂下門外の変」の関係は!?

1862年1月の「坂下門外の変」。その一因「公武合体」。そして、公武合体増上寺との関係を学んでいきます。

 

1.きっかけ・情報源

 

幕末・維新・明治初期をしっかりと学ぼうと毎回見ているNHK大河ドラマ『青天を衝け』。4回目の日米和親条約、8回目の日米修好通商条約、9回目の桜田門外の変に続き、前回4/18の第10回で出てきた「公武合体」と「坂下門外の変」を取り上げます。

 

今日の写真と地図

 

増上寺(東京都港区)にある徳川将軍家墓所。ここに公武合体の当事者であった14代将軍徳川家茂公と和宮様のお墓があります。

f:id:magoiku:20210425092638j:plain

 ↓増上寺の位置。

増上寺についてはこちら。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

2.学んだこと

 

公武合体とは?

 

尊王攘夷運動を抑え、幕府の権威を高めるために朝廷Imperial Courtとの結びつきを強めようとした政策。その政策の中心が、皇女和宮様の第10代将軍家茂公への降嫁(こうか。皇族以外の男性に嫁ぐこと)。1861年10月に勅許(ちょっきょ。天皇の許可)があり、1862年2月に結婚。いわゆる政略結婚political marriageですね。

 

↓こちらを参照。


山川 詳説日本史図録 第8版: 日B309準拠

 

増上寺との関係は?

 

徳川将軍家菩提寺として、第10代将軍家茂公のお墓だけでなく、その正室であった和宮様/静寛院宮(せいかんいんのみや。家茂公が亡くなられた後の呼び名)のお墓もお隣にあります。お亡くなりになった際、明治政府からは京都へ戻すようにということだったそうですが、和宮様のご遺言willで家茂公のお隣にとなったようです。増上寺には和宮様ゆかりの茶室「貞恭庵(ていきょうあん)」もあります。

 

増上寺のHP。

静寛院宮景徳祭のご案内|大本山 増上寺

 

増上寺境内の徳川将軍家墓所。左奥が家茂公。その手前が和宮様のお墓。

f:id:magoiku:20210425103125j:plain

和宮様のお墓。

f:id:magoiku:20210425103428j:plain

↓家茂公のお墓。

f:id:magoiku:20210425103510j:plain

 

増上寺境内の「貞恭庵」

f:id:magoiku:20210425103955j:plain

 

坂下門外の変

 

公武合体政策を推進していた老中:安藤信正公が江戸城の坂下門外で、水戸藩士らに襲撃されattacked、負傷した事件です。起こったのは1862年1月。

 

安藤信正公は、磐城平藩(いわきだいらはん)の藩主。現在の福島県いわき市ゆかりの人物で、松ヶ丘公園には銅像があります。

 

宮内庁HP。坂下門の位置。

www.kunaicho.go.jp

 

コトバンク坂下門外の変

kotobank.jp

 

いわき市HP。安藤信正公について。

www.city.iwaki.lg.jp

 

いわき市HP。松ヶ丘公園の安藤信正銅像について。

www.city.iwaki.lg.jp

 

福島県いわき市の位置。福島県内で一番人口の多い市。

 

 ↓福島県についてはこちら。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

3.コメント

 

大河ドラマ『青天を衝く』のお陰で、覚えにくかった徳川3将軍の名前が俳優さんの顔と一緒に頭に入りました。第12代家慶公(吉幾三よしいくぞうさん)、第13代家定公(渡辺大知わたなべだいちさん)、第14代家茂公(磯村勇斗いそむらはやとさん)。馴染みのなかった坂下門外の変も、どんな事件か理解することができました!

 

大河ドラマ『青天を衝け』HP。徳川家茂役、和宮役出演者紹介。

www.nhk.or.jp

 

4.その他(通訳ガイド試験問題:公武合体坂下門外の変関連)

  

2019年(令和元年)の全国通訳案内士筆記試験「歴史(問題番号14)」で、「坂下門外の変公武合体のそれぞれの概要」についての理解を問う問題が出ていました。

 

www.jnto.go.jp

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

当ブログで取り上げた日本史へ

日本史:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ