日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識を様々な角度から紹介。それらの説明に必要な英語も一緒に学んでいきます。全体コンテンツは各ページ下のブログ内リンク(トップ:コンテンツ一覧へ)から確認できます。

【オンライン英会話】で日本のことを英語で説明する練習をする方法

英語力をつけながら日本のことを学べる方法、日本のことを学びながら英語力を伸ばせる方法を紹介します。

 

1.きっかけ・情報源

 

オンライン英会話(レアジョブ英会話は安いコストで毎日英語を使う練習ができる貴重なツールです。

 

講師に「日本のことを英語で説明する練習」は、そのまま、全国通訳案内士の口述試験の役にも立ちます。

 

そのほか、海外旅行でも仕事でも英語で話す内容は日本のことが多いはずですから、その時のための予習にもなります。

 

今回はオンライン英会話で「日本のことを英語で説明する練習」をする方法を紹介します。

 

↓こんな使い方もあります。

insearchofjapan.hatenablog.com

insearchofjapan.hatenablog.com

 

今日の写真と地図

 

鉄道の父井上勝」の墓所(東京都品川区)から見た東海道新幹線。向かい側には島倉千代子さんのお墓もあります。

f:id:magoiku:20220129104419j:plain

 

井上勝についてはこちらから。長州ファイブの一人です。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

2.学んだこと

 

①日本のことを英語で説明するための講師の選び方

 

レアジョブ(レアジョブ英会話の講師数は6000人以上!

 

様々な検索もできますが、日本のことを英語で説明する練習をするときは、総合評価順で点数の高い講師をランダムに選びます。

 

確率ですが、質問が上手い、話をさせるのが上手い、講師を選ぶためです。

 

講師名をクリックすると「あなたとのレッスン回数」が出てきますので、0回の講師を選びます。

 

毎回、日本について違った質問を受けられるようにするためです。

 

②日本のことを英語で説明する練習をするための講師へのお願いの仕方

 

お互いの自己紹介をした後にフリーコンバーセーションで何を話したいかと聞かれたら、いつもこう言っています。

 

I want to talk about something you want to know about Japan. 

 

私は話したいI want to talk 何かについてabout something あなたが知りたいと思うyou want to know 日本についてabout Japan。

 

多くの講師は日本の生徒と1日に何回も何回も話をしています。いろいろなレベルの生徒がいるはずですが、毎回何かしら日本についての情報を得ているはずです。

 

つまり、オンライン英会話の講師はかなり日本についての知識があります。

 

その一方で、レッスンの中で疑問に思うことも相当程度あるはずです。

 

講師は教える立場ですから、もっと知りたいと思う日本のことがあってもその疑問を解消する機会はないかも知れません。

 

そんなことを教えて欲しいと頼むのです。

 

③具体的にどんな話が出来るか?

 

以下は実際に聞かれた内容の例です。

 

・新幹線について教えて欲しい

・温泉について教えて欲しい

・大阪と京都と奈良に行った。次に行くならどこの観光地がおすすめか?

・なぜ日本人はいつも残業するのか?

・なぜいつも疲れたと言うのか?

・なぜその理由はいつも上司なのか?(笑)

・おすすめのラーメンは何か?

・次に旅行に行くとしたらどこに行きたいか?

・最初に日本を訪れる人におすすめする場所は?3つ。

・一番有名な神社はどこか?

お好み焼きとたこ焼きはどう違うのか?

・本音と建前とは?

・引きこもりとは?多い理由は?

・神社とお寺の違いは?

・家を買う値段はいくらか?どれくらいの広さか?

・家を借りるのに必要な賃料はいくらか?

・外国人が家を買うときや借りるときに差別はあるか?

・東京に行ったことがある。次に行くのはどこがいいか?

・仕事文化について教えて欲しい

・公共交通機関について教えて欲しい

・日本に行った時に守らなければならないことは?

・過労死とは?

・各世代が抱える悩みは?介護?教育費?

・人気のあるストリートフードは?

・国獣は?

・男女間の期待値(育児、家事など)

・外国人をもっと受け入れるべきか?

・人口減への対応策は?

・神無月と神在月とは何か?

・日本の自然災害にはどんなものがあるか?

 

ごらんのとおり、全国通訳案内士の口述試験の「プレゼンとその後の質問」に対する練習にそのまま繋がるような内容が多いです。中には英検1級の2次試験で聞かれるような内容もあります。

 

3.コメント

 

何回もされる質問に同じような回答をしているうちに、その英語は自然と暗記してしまい、そのうち滑らかに話すことができるようになります。

 

上手く説明できないことがあれば、その説明に必要な単語や表現を調べたりすることで、それらの英単語や英語表現はより記憶に定着します。

 

レアジョブ(レアジョブ英会話のレッスンは1回25分ですが、自己紹介とフィードバックがあっても約20分は質問とその回答説明をすることができます。相当のボリュームです!

 

これが1回数百円で出来るのは本当に凄いです。英語学習に関しては本当に良い時代になったものです。

 

4.全国通訳案内士試験問題:口述試験対策

 

口述試験(2次試験)の内容もこちらから。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

5.ブログ内リンク(トップページ含む) 

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

英語勉強法:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ