日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。各テーマはトップページに記載(各記事の下にもトップページへのリンクがあります)。

熱田神宮と名古屋城と犬山城がまずは行ってみたい名所の「愛知県」

聖火リレー6つ目の県は愛知県。行きたい名所3つ(熱田神宮名古屋城犬山城)について学んでいきます。

 

1.きっかけ・情報源

 

3月25日から聖火リレーが始まりました。7月23日(金)のオリンピック開会式当日まで、121日間で47都道府県を巡るそうです。いい機会なので、47都道府県の名所を一緒に学んでいきたいと思います。岐阜県に続く6つめの県は愛知県です。実は観光では行ったことがありません。まずはよく知られている名所(熱田神宮名古屋城犬山城)に行きたいと思います。それぞれ愛知県初日のリレーで登場していたようです(次の県は三重県です)。

 

東京オリンピック公式HP。聖火リレールート情報。

tokyo2020.org

  

今日の写真と地図

 

↓郷土料理?有名料理には違いないと。世界の山ちゃん「幻の手羽先」。

f:id:magoiku:20210406222503j:plain

www.yamachan.co.jp

 

↓愛知県の位置。県庁所在地は名古屋市豊橋から延びる半島が渥美半島。名古屋の下に延びる半島が 知多半島(ちたはんとう)。

 

2.学んだこと

 

熱田神宮(あつたじんぐう)とは?

 

伊勢神宮明治神宮と並ぶ三大神宮とも呼ばれる有名神社。三種の神器の一つ「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」が祀られ、ご祭神は熱田大神(あつたおおかみ)⇒天照大神のことだそうです。ちなみに三種の神器three sacred treasuresは、鏡mirror剣sword玉jewel八咫鏡(やたのかがみ)は伊勢神宮に、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)は皇居に。

 

熱田神宮のHP。

www.atsutajingu.or.jp

 

 ↓BBCニュース。三種の神器について。

www.bbc.com

 

熱田神宮(愛知県名古屋市熱田区)の位置。名古屋駅からは名鉄名古屋鉄道)を使って約15分。

 

名古屋城とは?

 

1612年に徳川家康が築いたそうです。特別史跡special historic site。金の鯱鉾シャチホコ金鯱きんしゃち)が有名。鯱鉾とは、頭が虎で体が魚の想像上の生き物。漢字のままです。鉾は武器の鉾。その形から。鯱鉾は水を吹き出すそうで火事を防ぐ厄除けの意味があったとか。また、巨大な金の鯱鉾は、徳川家の権威を示す意味もあったそう。

 

名古屋城公式ウェブサイト。

www.nagoyajo.city.nagoya.jp

 

名古屋城公式ウェブサイト。金鯱について。

www.nagoyajo.city.nagoya.jp

 

コトバンクのHP。鯱鉾とは。

kotobank.jp

 

名古屋城(愛知県名古屋市中区)の位置。名古屋駅からは地下鉄で約15分。

 

犬山城(いぬやまじょう)とは?

 

国宝です。1537年に織田信長の叔父である織田信康が築いたそう。天守castle towerが国宝に指定されている5つのお城(松本城犬山城彦根城、姫路城、松江城)を国宝5城と呼ぶようです。通訳ガイドの試験を受けていなければ知らなかったかも知れませんが、5つしかないとなると、行って見てみたいと思うものです。下呂温泉に向かうJR高山本線からも見れました。

 

犬山城のHP。 

inuyama-castle.jp

 

犬山城の位置。愛知県犬山市

  

3.コメント

 

愛知県と言えば、三英傑の織田信長尾張)、豊臣秀吉尾張)、徳川家康三河)の出身地。試験問題でも出てきている桶狭間の戦い長篠の戦いの跡や、家康が生まれた岡崎城、映画にもなった清須会議の舞台清州城など、歴史に関連する場所も行って見たいです。

 

岡崎市観光協会公式サイト。岡崎城

okazaki-kanko.jp

 

清須市観光協会のHP。清州城。

www.kiyosu-kanko.jp

 

4.全国通訳案内士試験問題:愛知県関連5問

 

2018年(平成30年)の全国通訳案内士筆記試験「日本歴史(問題番号20)」で、「尾張藩の藩祖が徳川家康の九男であること、尾張藩徳川御三家の筆頭であったこと、尾張徳川家から将軍は出なかったこと、木曽地域がひのき等の木材資源で知られ藩の収入源の一つだったこと」等の知識を問う問題が出ていました。

 

2018年(平成30年)の全国通訳案内士筆記試験「日本歴史(問題番号36)」で、「桶狭間の戦い」に関連する知識を問う問題が出ていました。

 

2017年(平成29年)の全国通訳案内士筆記試験「日本歴史(問題番号2)」で、「熱田神宮の所在地」の理解が必要な問題が出ていました。

 

2017年(平成29年)の全国通訳案内士筆記試験「日本歴史(問題番号16)」で、「桶狭間の戦い長篠の戦い」に関する知識が必要な問題が出ていました。

 

2015年(平成27年)の全国通訳案内士筆記試験「日本歴史(問題番号12)」で、「犬山城が江戸時代やそれ以前の天守が現存する城であること」の理解が必要な問題が出ていました。

 

www.jnto.go.jp

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

観光名所:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ