日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。各テーマはトップページに記載(各記事の下にもトップページへのリンクがあります)。

【フランスで人気のスポーツ】は!?フェンシングと柔道の繋がりも学びます。

オリンピック各競技の参加選手人数をチェック。フランスで人気のスポーツを学んでいきます。

 

1.きっかけ・情報源

 

昨日の東南アジアに続き、次回2024年パリオリンピックの開催国フランスを調べてみました。オリンピック各競技の参加選手の人数を調べながら、人気のスポーツを学んでいきます。

 

男女合わせて417人の選手が参加。東南アジア11ヶ国全体の参加者180人の倍以上です!

 

↓こちらのサイトを参照しました。

各国選手名鑑〔五輪〕|東京2020オリンピック・パラリンピック|ニュースサイト:時事ドットコム

 

↓東南アジア編はこちらから。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

東京オリンピックの参加国・地域はこちら。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

今日の写真と地図

 

↓「リサとガスパール」はフランスの絵本シリーズ。松屋銀座にて(東京都中央区)。

f:id:magoiku:20210804230932j:plain
www.lisagas.jp

松屋銀座。最寄駅は地下鉄「銀座」駅。

 

↓フランスについてはこちらからも。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

2.学んだこと(東京五輪参加者数順位)

 

①第一位は陸上競技! 

 

陸上競技athleticsの参加選手は男子48人、女子20人の計68人でした。

 

特に強い競技、有名選手、思い浮かびません。気がついたら書き足していきます。

 

②第二位はハンドボール! 

 

ハンドボールhandballの参加選手は男子18人、女子18人の計36人でした。

 

ハンドボールでは伝統的にヨーロッパ勢が強いようです。過去3大会の金銀銅メダルは男女ともヨーロッパ勢が独占。フランスは、男子が北京、ロンドンで金、リオで銀。女子がリオで銀。

 

↓「ヨーロッパ勢が強い・・・過去3大会金銀銅独占・・・」。この本からの情報です。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

コトバンクハンドボールとは。

kotobank.jp

 

③第三位はバスケットボール! 四位以下は??

 

バスケットボールの参加選手は男女計25人でした。

 

第四位以下で10人以上が参加している競技は、12競技。

 

競泳(24人)、サッカー(21人。男子のみ)、フェンシング(18人)、自転車・トラック(16人)、バスケットボール(15人)、セーリング(14人)、ラグビー7人制(14人。女子のみ)、柔道(13人)、ボート(13人)、テニス(11人)、馬術(10人)、バレーボール(10人。男子のみ)でした。

 

この中で、欧州発でないのは柔道だけでしょうか!?フランスでの柔道人気は相当なようです。フランスの獲得メダル25個のうち一番が8個の柔道。混合団体でも見事日本を破っての金メダルでした。

 

3.コメント

 

フェンシングfencingはフランス発祥で、用語もフランス語でした。フランスチーム、柔道に次ぐ5個のメダルを獲得しています。

 

柔道とフェンシング。同じ武術系。何か関わりがないかと調べてみました。すると。

 

オリンピックの生みの親とされるクーベルタン男爵はフランス生まれ。クーベルタン男爵はフェンシングクラブを創設。

 

同じ年に日本では嘉納治五郎講道館を設立。

 

嘉納治五郎は日本初のIOC委員で、2代目のICO会長だったクーベルタンとも会っているようです。

 

繋がりがありました!

 

↓「フェンシングはフランス発祥」。この本からの情報です。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

↓フェンシングについてはこちらからも。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

↓公益財団法人全日本柔道連盟HP。柔道とフェンシングの繋がり。

www.judo.or.jp

 

4.全国通訳案内士試験問題:スポーツ関連

 

2015年(平成27年)から2020年(令和2年)の全国通訳案内士筆記試験「一般常識」ではほぼ毎年スポーツ関連の問題も出題されています。

 

 ↓スポーツに関する問題はこちらから。

insearchofjapan.hatenablog.com

  

www.jnto.go.jp

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

5.ブログ内リンク(トップページ含む) 

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

文化・アニメ・スポーツ:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ