日本のことを英語と一緒に学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。各テーマはトップページに記載(各記事の下にもトップページへのリンクがあります)。

【青森県】で訪れたい3つの名所:弘前城・青森県立美術館・奥入瀬渓流

聖火リレー37番目は青森県。行ってみたい3つの名所について学んでいきます。通訳ガイド試験問題を通じてその他の名所も学びます。

 

1.きっかけ・情報源 

 

3月25日から聖火リレーが始まりました。7月23日(金)のオリンピック開会式当日まで、121日間で47都道府県を巡るそうです。いい機会なので、47都道府県の名所を一緒に学んでいきたいと思います。秋田県に続く37番目は、青森県でした。青森県で訪れたい名所の3つ、弘前城青森県立美術館奥入瀬渓流について学んでいきます(次は北海道です)。

 

東京オリンピック公式HP。聖火リレールート情報。

tokyo2020.org

 

 今日の写真と地図

 

奥入瀬渓流の銚子大滝ちょうしおおたき(青森県十和田市)。

f:id:magoiku:20210612091757j:plain

↓銚子大滝の位置。十和田湖に近い位置にあります。

 

  ↓青森県の位置。県庁所在地は青森市。最大の都市も青森市。旧地名は陸奥(むつ)。江戸時代は、西は津軽氏の弘前藩(現弘前市中心)、東は南部氏の南部藩(現八戸市中心)。色々な歴史がありカルチャーも結構違うようです。西側にある半島が津軽半島で、東側にある半島が下北半島。間にあるのが陸奥湾

kotobank.jp

www.pref.aomori.lg.jp

  

2.学んだこと(行きたい所)

 

弘前城弘前市

 

弘前城(ひろさきじょう)は現存12天守の一つ。東北地方では唯一。重要文化財に指定されています。

 

弘前城と言えば、何と言っても、桜の名所です。弘前城を中心とする弘前公園には約2600本の桜があるそうです。東京と比べると1ヶ月半くらい見頃が遅くなるのでしょうか。

 

<参考>

 

弘前公園HP。弘前城

www.hirosakipark.jp

 

コトバンク弘前城

kotobank.jp

 

弘前公園HP。さくら。

www.hirosakipark.jp

  

青森県立美術館青森市

 

青森県で有名な芸術家と言えば、版画家の棟方志功(むなかたしこう)。そのほかにも有名な方がいらっしゃるのですが、特に気になるのが奈良美智(よしとも)さん。なんとも言えない可愛い!?女の子の絵で有名です。

 

青森県立美術館では奈良美智さんの作品を170点以上収蔵しているそうです。

 

すぐ近くには世界遺産登録間近の縄文時代の遺跡「三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)」があることに気づきました!

 

十和田市美術館の展示

f:id:magoiku:20210612101355j:plain

 

東京国立近代美術館での展示(写真可)

f:id:magoiku:20210612102009j:plain

 

<参考>

 

棟方志功記念館HP。

munakatashiko-museum.jp

 

コトバンク奈良美智とは。

kotobank.jp

 

青森県立美術館奈良美智

www.aomori-museum.jp

 

十和田市現代美術館HP。

towadaartcenter.com

 

青森県立美術館の位置。

 

奥入瀬渓流十和田市

 

火山で出来たカルデラ湖の十和田湖。大量にたまった水が一気に溢れ出て、その流れで出来たのが奥入瀬渓流Oirase Stream。特に十和田湖から約14kmの流れのことをそう呼んでいます。国の特別名勝special scenic site及び天然記念物に指定されています。

 

渓流沿いには道路のほか歩道がありウォーキングが楽しめます(夏はクマに注意。本格的に歩いている方はクマ(よけ)鈴をつけています)。

 

ブラタモリでもやっていましたが苔(こけ)mossが有名。この苔があるおかげで豊かな森が維持されているとのこと。

 

なお、十和田湖にある象は「乙女の像」(高村光太郎作)。田沢湖にあるのは「たつこ姫像」。 

 

奥入瀬渓流

f:id:magoiku:20210612104026j:plain

 

<参考>

 

十和田湖国立公園協会HP。

towadako.or.jp

 

青森県観光情報サイト。奥入瀬渓流

www.aptinet.jp

 

↓十和田奥入瀬観光機構HP。苔玉づくり。

www.towada.travel

 

NHKブラタモリHP。#81が十和田湖奥入瀬

www.nhk.or.jp

 

十和田湖国立公園協会。乙女の像。

towadako.or.jp

 

3.コメントと参考英語動画

 

青森県では恐山も行ってみたい場所。縄文時代の遺跡、特に三内丸山遺跡は必須です。八戸も良いところでした。そして、忘れてならないのはねぶた祭。いつの季節にいくのかも悩みどころです。

 

↓訪日外国人向けチャネルのjapan-guide.com。奥入瀬渓流及び十和田湖(英語字幕あり)。秋の紅葉シーズンも人気です。


www.youtube.com

 

4.その他(全国通訳案内士試験問題:青森県関連7問)

 

地理2020-01:青森県(歴史:街並み)

2020年(令和2年)の全国通訳案内士筆記試験「日本地理(問題番号1)」で「弘前市武家屋敷などの景観を残し重要伝統的建造物群保存地区に指定されているのが仲町地区であること」の理解を問う問題が出ていました。

www.city.hirosaki.aomori.jp

nakachou.main.jp

 

地理2020-02:青森県(自然:山))

2020年(令和2年)の全国通訳案内士筆記試験「日本地理(問題番号2)」で「津軽富士と呼ばれる岩木山(いわきさん)が成層火山であること」の理解を問う問題が出ていました。

kotobank.jp

 

地理2020-03:青森県(食:名産)

2020年(令和2年)の全国通訳案内士筆記試験「日本地理(問題番号3)」で「火山灰土壌と昼夜の寒暖差を活かして栽培されるのがリンゴであること」の理解を問う問題が出ていました。

 

地理2019-05:宮城県(祭り)、山形県(祭り)、秋田県(祭り)、青森県(祭り)

2019年(令和元年)の全国通訳案内士筆記試験「日本地理(問題番号5)」で「青森市ねぶた祭が開催されること」の理解を問う問題が出ていました。

 

地理2017-07:青森県(地名)

2017年(平成29年)の全国通訳案内士筆記試験「日本地理(問題番号7)」で「春はさくらまつり、夏はねぶたまつりで有名な、関東以北で唯一の現存天守がある都市が弘前市であること」の理解を問う問題が出ていました。 

 

歴史2016-22:縄文、青森

2016年(平成28年)の全国通訳案内士筆記試験「日本歴史(問題番号22)」で「三内松山遺跡が縄文時代の遺跡であること」の理解を問う問題が出ていました。

 

歴史2016-25:縄文、青森

2016年(平成28年)の全国通訳案内士筆記試験「日本歴史(問題番号25)」で「三内松山遺跡が青森市に立地していること」の理解を問う問題が出ていました。 

 

www.jnto.go.jp

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

観光名所:コンテンツ一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ