日本のことを学ぶブログ

日本の地理・歴史・一般常識などを様々な角度から発信。関連する英語も一緒に学んでいきます。コンテンツはトップページに記載(各ページ下にもトップページへのリンクがあります)。

全国通訳案内士試験対策(通訳ガイド試験対策):「地理」編

過去問と受験経験から、試験対策で覚えるべきポイントをまとめていきます。自らの知識整理も兼ねています。

 

1.きっかけ・情報源

 

ブログを始めてほぼ毎日、全国通訳案内士の試験問題(2015~2020年の6年分)を見ているので、かなり問題の傾向や特徴も分かってきました。また、実際に外国の方に日本を説明しようとするときに知っておくべきことが多いことにも改めて気づきました。受験したときの勉強方法も振り返りながら、効率的と思う試験対策をまとめていきます。 

 

今日の本:『るるぶ地図でよくわかる都道府県大百科』

 

↓このブログでも何度か紹介してきました。試験対策としても最初に読む本としてはこれがベストではないでしょうか!この本だけで合格点とれるかも、と思うくらいおすすめです。旅行前にるるぶを見るのと同じ感覚で、勉強している気がしないのも良いです。


るるぶ 地図でよくわかる 都道府県大百科

<おすすめポイント3つ>

1.各都道府県毎に、主要都市と、名産や山・川・湖など自然情報のイラスト入り地図がある。1ページか2ページ。

2.同じ各都道府県のページに主な観光地3ヶ所と郷土料理3つが写真入りで紹介されている。

3.東北地方や関東地方といった地域別に普通の地図もあって細かい地名のほか、主要な温泉地、公園、世界遺産などの情報もある。

 

↓歴史の方もおすすめです。

 

2.学んだこと(覚えるべきこと)

 

☆事前情報①:全国通訳案内士とは

 

全国通訳案内士の概要や試験内容は、通訳案内士法に定められています。観光庁が所管の資格で、外国人に外国語で旅行案内をするものです。日本のことを外国人に紹介する民間外交員とも呼ばれています。試験内容は、まさに、外国語で日本のことを紹介するだけの知識・能力があるかを図るもので、以下の構成になっています。

1次試験

以下5科目の筆記試験:「外国語」「地理」「歴史」「一般常識」「通訳案内実務」(但し、外国語は免除制度あり。英語試験の免除は英検1級やTOEIC900点以上など)

2次試験

以下2つからなる口述試験:「日本語での説明を通訳」「3つのトピックから1つを選択。外国語で紹介(プレゼン)。その後質疑応答。」

 

通訳案内士法 | e-Gov法令検索

通訳ガイド制度 | 国際観光 | 政策について | 観光庁

全国通訳案内士試験概要|全国通訳案内士試験|日本政府観光局(JNTO)

 

☆事前情報②:筆記試験(地理)の概要

 

問題数:40問前後

試験時間:40分

解答方式:短答式(4つの選択肢。正しいものか誤っているものかを選択。全ての問題の答えが分かる必要はありません。確実に合っていると思う1つか、確実に間違っていると思う3つが分かれば大丈夫です。)

合格基準点:原則70点(100点満点ですので1問2点か3点です。あくまで基準ですので難易度が高ければ基準点が低くなることもあります。よくあります。)

 

筆記試験過去問題(一部)|全国通訳案内士試験|日本政府観光局(JNTO)

 

①各県(都道府県)の主要地名と自然名所は必須

 

通訳案内士には、全国通訳案内士と地域通訳案内士があります。後者は定められた地域限定。前者は全国ですので、自ずと、47都道府県全ての知識が求められます。つまり、全国通訳案内士は47都道府県どこでも観光名所の案内が出来ることが必要と言うことです。

 

でも、多くの場合、日本初心者の外国人観光客が対象となりますから、まずは、ほとんどの観光客が最初の訪問で行くと思われるところから知識を深めていくのが効率的です。

 

まずは、都道府県毎に以下のような必須事項を頭に入れる必要があります。全て「地図でわかる都道府県大百科(るるぶ)」で網羅できます。

・県庁所在地、人口の最も多い市(県庁所在地でない場合は留意)、世界的な名所の所在市町村などの「地名」

・島island、半島peninsula、岬cape、海峡strait、海岸shore/coast、断崖絶壁cliff、湾bay、山脈(山地)mountain range、山mountain、森林forest、川river、峡谷gorge、湖lake、池pond、高原highland湿原marshland、鍾乳洞limestone cave、洞窟caveなどの代表的な「自然(名所)」

・この県と言えば、この名所!というものを1~3ヶ所

それぞれ、名前だけでなく、位置も確認しておくことが重要。 

 

②次に主要テーマ12を意識して知識を補強

 

この試験は、外国の方に日本(観光地など)を紹介できる知識を保有しているかを確認する試験です。ですから、以下の12のテーマのように日本と言えば〇〇、みたいなものはしっかりと理解して、それらに関連する主要な名所は覚えておく必要があります。

 

「温泉」

「神社」

「寺」

「城」

「庭園・公園」

「花(桜)」

「滝」

「祭り」

「食(ご当地グルメ・名産・市場など)」

「歴史(銅像・昔の街並み・世界遺産・人物など)」

「施設(橋・道路・美術館・駅・鉄道・空港など)」

「工芸品」

 

ここでも、各県との結びつけは必須です(その名所がどの県にあるかを単に問う問題も多数。また、どの県にあるかが分かれば除外できる選択肢も多数。)。特に、12のテーマの中で全国的に知られている名所は必須です。次に、地元ではみんなが知っているみたいな名所も押さえていくのがよいでしょう。日本には、ほとんどの県に、地元が誇る有名な温泉、神社、グルメなどがあります。

 

また、寺(宗教)、城(大名・藩主)、庭園(大名屋敷跡)、銅像(歴史上人物)などは、歴史の問題でも出る可能性がありますので、歴史の試験対策にもなります。

 

12のテーマを意識しながら「地図でわかる都道府県大百科(るるぶ)」を眺めていくのもよいです。グルメ、城、温泉などは見開き2ページで紹介もされています!時間とお金があれば、全ての県のるるぶを揃えるのも良いかも知れません。

 

↓各県別に登場した「温泉」をまとめています。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

↓各県別に登場した「神社」をまとめています。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

↓各県別に登場した「庭園・公園」をまとめています。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

↓登場頻度別に「滝」(所在県情報あり)をまとめています。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

↓歴史と地理は一体です。

insearchofjapan.hatenablog.com

 

③肩書のある名所も留意

 

世界遺産、国立公園、国宝、重要文化財・名勝・史跡・天然記念物、重要伝統的建造物保存地区(重伝建じゅうでんけん)、日本遺産などです。

 

さらに、日本三景日本三名園などのように、温泉で言えば三名泉、三古泉。滝なら三名瀑といった具合に、3つで括られるものも重要です。外国の方にも「ここは日本で最も有名な3つのうちの1つなんだ」とか「これは国宝なんだ」といった説明をすると思います。

 

このほか、四国八十八ヶ所とか、明治日本の産業革命遺産とか、東北四大祭りとか、地域にまたがるものも重要です。

 

3.コメント

 

地理の試験で得た知識は、2次試験の面接とも直結します。2次試験のメインは、手渡しされる3つのテーマから、選んだ一つを英語で紹介し、その後、英語での質問に答えるというもの。

 

徳川家康」を選んだら、(徳川家康を説明した後)日光東照宮に行くことを勧める、その理由を説明する、見どころを説明する、東京からの行き方を説明する、その近くで見れる観光地はあるか?と聞かれれば、華厳の滝中禅寺湖を説明する、料理は?と聞かれれば湯葉料理を説明する、といった具合です。

 

4.その他:実際の全国通訳案内士試験問題(地理)の特徴

 

2015年は少し傾向が違うので、2016年から2020年度の5年間で見ると、毎年問題に直接登場しているのは北海道のみ、4回が青森県、東京都、長野県、香川県です。1回も問われていない県がただ一つ、奈良県(歴史でたくさん出るからでしょうか)。並べてみてよく分かったのが、北から南の順に出題されているということです。

 

地名と自然に直接関わる問題は、毎年4割から6割出ています。2020年:25(1+24)/42、2019年:19(7+12)/40、2018年:14(4+10)/39、2017年14(3+11)/37、2016年:21(7+14)/38。

 

少しずつ情報を加えていきます。

 

(1)2020年(令和2年)度試験各問題テーマ 

地理2020-01:青森県(歴史:街並み)

地理2020-02:青森県(自然:山))

地理2020-03:青森県(食:名産)

地理2020-04:秋田県(自然:半島)

地理2020-05:秋田県(自然:陸繋島)

地理2020-06:秋田県(自然:岬)

地理2020-07:秋田県(食:ご当地グルメ

地理2020-08:栃木県(温泉)

地理2020-09:栃木県(自然:山)

地理2020-10:栃木県(歴史:外国人)

地理2020-11:東京都(自然:島、山)

地理2020-12:東京都(工芸品)

地理2020-13:東京都(自然:島/位置)

地理2020-14:静岡県(自然:高原)

地理2020-15:静岡県(滝)

地理2020-16:山梨県(自然:森林)

地理2020-17:山梨県(自然:湖/位置)

地理2020-18:山梨県(自然:池)

地理2020-19:長野県(歴史:街道)

地理2020-20:長野県(自然:湖)

地理2020-21:長野県(歴史:街並み)

地理2020-22:長野県(地名)

地理2020-23:愛媛県(自然:山)

地理2020-24:鹿児島県(自然:山、島/世界遺産)

地理2020-25:三重県(自然:島、小説)

地理2020-26:三重県(自然:海岸)

地理2020-27:三重県(自然:島、湾)

地理2020-28:愛媛県(自然:国立公園)

地理2020-29:香川県(自然:渓谷)

地理2020-30:広島県(自然:湾/位置・駅)

地理2020-31:岡山県(施設:橋)

地理2020-32:鳥取県(食:名産)

地理2020-33:鳥取県(自然:山)

地理2020-34:鳥取県(歴史:街並み/所在)

地理2020-35:大分県(自然:半島)

地理2020-36:大分県(自然:海岸)

地理2020-37:大分県(温泉)

地理2020-38:大分県(施設:自然動物園)

地理2020-39:佐賀県(自然:川、海)

地理2020-40:大分県(施設:駅/列車)

地理2020-41:福岡県(歴史:街並み/所在)

地理2020-42:福岡県(工芸品)

 

(2)2019年(令和元年)度試験各問題テーマ 

地理2019-01:北海道(地名)

地理2019-02:北海道(地名)

地理2019-03:北海道(自然:岬)

地理2019-04:北海道(自然:岬/位置)

地理2019-05:宮城県(祭り)、山形県(祭り)、秋田県(祭り)、青森県(祭り)

地理2019-06:岩手県(寺)

地理2019-07:福島県(歴史:街並み、食)

地理2019-08:青森県(自然:湖、歴史:銅像

地理2019-09:東京都(地名/駅)

地理2019-10:茨城県(滝/三名瀑)

地理2019-11:群馬県(歴史:世界遺産

地理2019-12:群馬県(温泉)

地理2019-13:神奈川県(神社)

地理2019-14:神奈川県(地名/通り名)

地理2019-15:神奈川県(寺)

地理2019-16:神奈川県(施設/鉄道)

地理2019-17:長野県(自然:池)

地理2019-18:徳島県(施設/橋、地名)、山口県(施設/橋、自然)、山梨県(施設/橋、自然)、長崎県(施設/橋、歴史/世界遺産

地理2019-19:福井県(自然:海岸)

地理2019-20:福井県(寺)

地理2019-21:福井県(温泉)

地理2019-22:兵庫県(温泉)

地理2019-23:兵庫県(地名)

地理2019-24:兵庫県(城/世界遺産

地理2019-25:京都府(地名/重伝建)

地理2019-26:京都府(寺/世界遺産

地理2019-27:高知県(自然:川)

地理2019-28:高知県(自然:海岸、歴史:銅像

地理2019-29:高知県(自然:鍾乳洞/日本三大鍾乳洞

地理2019-30:山口県(神社)

地理2019-31:山口県(地名/世界遺産

地理2019-32:山口県(温泉)

地理2019-33:長崎県(施設/所在)

地理2019-34:長崎県(食/ご当地グルメ

地理2019-35:宮崎県(自然:峡谷、滝)

地理2019-36:宮崎県(自然:高原)

地理2019-37:宮崎県(歴史:街並み)

地理2019-38:沖縄県(歴史:霊場

地理2019-39:沖縄県(自然:海岸)

地理2019-40:沖縄県(自然:島)

 

(3)2018年(平成30年)度試験各問題テーマ  

地理2018-01:北海道(自然:湿原等)

地理2018-02:石川県(歴史:街並み)

地理2018-03:大阪府(食:市場、地名)、京都府(食:市場、地名)、北海道(食:市場、地名)、鹿児島県(地名)、福岡県(食:市場)

地理2018-04:富山県(滝)

地理2018-05:富山県(温泉)

地理2018-06:長野県(城、公園、花)

地理2018-07:東京都(公園、花)

地理2018-08:青森県(公園、花、地名)、岩手県(公園、花、地名)、秋田県(地名、花)、福島県(城、花)

地理2018-09:静岡県(自然:岬)

地理2018-10:静岡県(自然:川)

地理2018-11:長野県(施設:ホテル)

地理2018-12:長野県(自然:池)

地理2018-13:栃木県(温泉、滝)群馬県(温泉)、茨城県(温泉、庭園)、神奈川県(温泉、地名)

地理2018-14:栃木県(公園、花)茨城県(公園、花)、埼玉県(公園、花)、群馬県(公園、花)

地理2018-15:島根県(神社)

地理2018-16:島根県(工芸品、地名)

地理2018-17:島根県(施設/美術館)

地理2018-18:島根県(温泉)

地理2018-19:島根県(歴史:街並み、地名)

地理2018-20:広島県(神社/世界遺産

地理2018-21:広島県(地名/日本遺産)

地理2018-22:広島県(地名、施設:橋)

地理2018-23:香川県(庭園)

地理2018-24:香川県(城)

地理2018-25:香川県(施設:アート)

地理2018-26:徳島県(自然:海峡)

地理2018-27:徳島県(祭り)

地理2018-28:徳島県(自然:川・峡谷)

地理2018-29:福岡県(歴史、施設:博物館)

地理2018-30:福岡県(神社)

地理2018-31:福岡県(食:名産)

地理2018-32:福岡県(祭り)

地理2018-33:鹿児島県(庭園)

地理2018-34:鹿児島県(温泉)

地理2018-35:鹿児島県(自然:島)

地理2018-36:沖縄県(自然:島)

地理2018-37:沖縄県(自然:岬)

地理2018-38:沖縄県(自然:湾)

地理2018-39:沖縄県(食)

 

(4)2017年(平成29年)度試験各問題テーマ   

地理2017-01:北海道(自然:湖)

地理2017-02:北海道(地名、公園)

地理2017-03:北海道(自然:川)

地理2017-04:北海道(自然:岬)

地理2017-05:北海道(歴史、施設)

地理2017-06:北海道(自然:山/日本百名山

地理2017-07:青森県(地名)

地理2017-08:秋田県(温泉)

地理2017-09:山形県(食:ご当地グルメ

地理2017-10:山形県(寺)

地理2017-11:新潟県(温泉)

地理2017-12:群馬県(滝/天然記念物・名勝)

地理2017-13:群馬県(自然:湿原)

地理2017-14:群馬県(自然:山)

地理2017-15:長野県(歴史:人物)

地理2017-16:長野県(歴史:街並み、寺、神社、自然:棚田)

地理2017-17:長野県(温泉)

地理2017-18:山梨県(公園)

地理2017-19:山梨県(施設:橋)、奈良県(施設:橋)

地理2017-20:山梨県(寺)

地理2017-21:山梨県(自然:湖)

地理2017-22:山梨県(施設:駅)

地理2017-23:長野県(歴史:街並み、滝)、岐阜県(歴史:街並み)

地理2017-24:滋賀県(地名)

地理2017-25:京都府(祭り)

地理2017-26:和歌山県(滝)

地理2017-27:和歌山県(温泉)

地理2017-28:兵庫県(城)

地理2017-29:兵庫県(温泉)

地理2017-30:島根県(自然:島、海岸)

地理2017-31:徳島県(自然:川)

地理2017-32:徳島県(祭り・食)

地理2017-33:徳島県(寺)、高知県(自然)、香川県(庭園)

地理2017-34:香川県(施設)

地理2017-35:沖縄県(自然:島)

地理2017-36:沖縄県(自然:山)

地理2017-37:沖縄県(城)

 

(5)2016年(平成28年)度試験各問題テーマ   

地理2016-01:北海道(地名、施設:空港)

地理2016-02:北海道(地名)

地理2016-03:北海道(自然:湖/国立公園)

地理2016-04:北海道(自然:峡谷)

地理2016-05:北海道(歴史:人物)

地理2016-06:北海道(自然:山/ミシュラン

地理2016-07:北海道(城)

地理2016-08:宮城県(自然:川)

地理2016-09:宮城県(歴史:霊廟)

地理2016-10:宮城県(食:ご当地グルメ

地理2016-11:宮城県(温泉)

地理2016-12:東京都(地名、施設:駅)

地理2016-13:栃木県(神社)

地理2016-14:栃木県(施設:道路)

地理2016-15:栃木県(自然:山)

地理2016-16:東京都(施設:駅、歴史:人物)

地理2016-17:東京都(施設:水族館)

地理2016-18:東京都(自然:島)

地理2016-19:岐阜県(自然:川)

地理2016-20:岐阜県(歴史:街並み)

地理2016-21:富山県(自然:海岸/渚百選)

地理2016-22:石川県(地名)

地理2016-23:石川県(食:朝市、地名)、千葉県(食:朝市、施設)、北海道(食:朝市、施設)、佐賀県(食:朝市、歴史:遺跡)、山形県(朝市)、岩手県(寺)

地理2016-24:宮城県(自然:半島、山)、静岡県(自然:半島、岬)、愛知県(自然:半島、岬)、神奈川県(自然:半島、岬)

地理2016-25:三重県(自然:島、湾)

地理2016-26:京都府(地名、神社、温泉、自然:峡谷、施設:鉄道)、兵庫県(温泉、自然:洞窟)

地理2016-27:京都府(自然:海岸)

地理2016-28:島根県(施設:美術館等)、鳥取県(施設:記念館)

地理2016-29:栃木県(歴史:銅山)

地理2016-30:島根県(温泉)

地理2016-31:高知県(自然:川)、香川県(庭園)

地理2016-32:愛媛県(祭り、食)高知県(祭り、食)、香川県(祭り、食)

地理2016-33:愛媛県(寺)香川県(寺)

地理2016-34:福岡県(地名、歴史:水郷)

地理2016-35:長崎県(温泉)

地理2016-36:熊本県(施設:橋)

地理2016-37:宮崎県(自然:岬)

地理2016-38:鹿児島県(自然:岬)

 

(6)2015年(平成27年)度試験各問題テーマ   

地理2015-01:東京都(自然:島、地名)

地理2015-02:東京都(自然:島)

地理2015-03:東京都(自然:島)

地理2015-04:北海道(自然:半島/世界遺産/位置)、秋田県(自然:山地/世界遺産/位置)、東京都(自然:島/世界遺産/位置)、鹿児島県(自然:島/世界遺産/位置)

地理2015-05:東京都(自然:島/世界遺産

地理2015-06:北海道(ジオパーク、地名、施設:駅)

地理2015-07:北海道(ジオパーク

地理2015-08:北海道(歴史:人物)

地理2015-09:北海道(歴史:炭鉱)

地理2015-10:新潟県ジオパーク)、鹿児島県(ジオパーク)、高知県ジオパーク)、宮崎県(ジオパーク

地理2015-11:京都府(歴史/世界遺産

地理2015-12:京都府(寺/世界遺産/位置)、滋賀県(寺/世界遺産/位置)

地理2015-13:京都府(寺、神社)

地理2015-14:京都府(寺/所在)

地理2015-15:京都府(寺/位置、城、歴史:人物)

地理2015-16:山梨県(自然:池/位置/世界遺産)、静岡県(自然:海岸/位置/世界遺産、神社/位置/世界遺産、滝/位置/世界遺産)、

地理2015-17:山梨県(自然:湖/位置)

地理2015-18:山梨県(自然:湖)

地理2015-19:神奈川県(地名、施設)

地理2015-20:神奈川県(施設:美術館)、東京都(施設:美術館)

地理2015-21:長野県(城)

地理2015-22:長野県(市町村名)

地理2015-23:富山県(国立公園)、長野県(国立公園)

地理2015-24:富山県(地名)

地理2015-25:石川県(庭園、神社、寺)

地理2015-26:大阪府(食:市場)、京都府(食:市場)、沖縄県(食:市場)

地理2015-27:東京都(自然:山/所在)

地理2015-28:東京都(自然:山)

地理2015-29:愛媛県(施設:橋・美術館、寺、神社) 

地理2015-30:愛媛県(施設:橋)香川県(施設:橋)

地理2015-31:福岡県(自然:平野)

地理2015-32:北海道(札幌の緯度と同じ世界の都市)

地理2015-33:東京大都市圏に次ぐ世界の大都市圏

地理2015-34:日本の都市人口率

地理2015-35:東京からの鉄道と最初の停車県庁所在地

 

www.jnto.go.jp

 

ランキング参加してます↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


勉強法ランキング

 

当ブログで取り上げた英語一覧へ

トップ:コンテンツ一覧へ